地方独立行政法人
大阪市民病院機構(大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院)

大阪市民病院機構(大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院):看護師就職は文化放送ナースナビ

大阪市民病院機構は、地域に必要な医療を確保し、市民の健康・福祉の増進に資することを使命として、大阪市立の3病院を運営しています。急性期・高度医療に対応する【総合医療センター】を中心に、赤ちゃんにやさしい病院【十三市民病院】、市南部圏の周産期医療を支える【住吉市民病院】それぞれが連携し市民の方々の健康を支えています。
その中で、市民に信頼される看護職員として「人間味のあふれる温かな医療」を実現するために、段階的・継続的な人材育成プログラムに加え、キャリア開発ラダーなどの主体性のある教育を採り入れ、人間性豊かな看護職員の育成に努めています。また、休暇・福利厚生制度も充実させ、誰もが働きやすい、ワークライフバランスの充実した環境づくりを行っています。
これからの大阪市民病院機構を貴方とともに発展させ、歩んでいけることを期待しています。
(※住吉市民病院は2018年に閉院予定です。)

  • 先輩ナース特集を見る

資料請求 ブックマーク

テーマ・特長

新人看護職員研修

【教育・キャリアアップ】 新人看護職員研修

『配置部署以外をローテーションで学ぶ』
看護職員としての道を歩み始めたばかりの新人にとって、総合病院での業務は多岐に渡り、すぐに全体像を把握できるわけではありません。そこで、大阪市民病院機構の3病院が連携し、配置部署以外の一般病棟・手術室でのローテーション研修を実施しています。

『一人ひとりの悩みをしっかりフォロー』
新人看護職員に好評なのが定期的に実施される「フォローアップ研修」です。新人看護職員の悩みや思いに耳を傾ける時間が設けられ、個々の悩みに親身に対応しています。

キャリア開発ラダー

【教育・キャリアアップ】 キャリア開発ラダー

『レベルごとに必要な能力を開発』
キャリア開発ラダーとは、看護実践能力の段階を示すクリニカルラダーだけではなく、組織の目標をふまえ、組織の支援を受けながら、個人が看護職としてキャリア開発していくことができるように、個人と組織の双方が支援ツールとして活用しているしくみです。
キャリア開発ラダーを活用することで、組織に貢献できる看護職員の人材育成につなげています。

ライフステージの変化に応じてサポートします

【福利厚生】 ライフステージの変化に応じてサポートします

寮や生活関連用品、保険、出産・育児休業制度など、充実した休暇制度や子育て支援などで多面的にバックアップ。様々なライフステージを充実して過ごしながら、看護職員としての仕事を続けていくことができます。大阪市民病院機構では各世代の看護職員が生き生きと働いています。

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(689件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・
試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

テーマ・特長

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら