文化放送ナースナビ
活躍の場が広がるスペシャリスト「認定看護師」

看護師として一定のキャリアを積んだ後、教育機関に通い、審査試験を経て専門分野のエキスパートとして活躍する「認定看護師」。第一期生59人が誕生してから14年が過ぎ、その数は合計9,048人を数えるまでになりました。認定分野は現在19分野あり、制度発足当初からある「皮膚・排泄ケア」や、社会的ニーズが高まる「感染管理」「緩和ケア」などの分野は、特に有資格者の数が増えています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
人気のテレビドラマにも登場
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

経験を積みながら、知識を深め、技術を磨き、医療専門家としてより高いところを目指す…その選択肢の一つとして、認定看護師を意識する看護師は少なくありません。そればかりか学生の間でも、漠然とではあれ将来的な目標として認定看護師を考える人が増えてきたようです。

ある病院の看護部長は、こう語っていました。「面接すると、『将来は認定看護師を目指しています』と語る学生さん、結構います。ここ1〜2年の現象ですね」

認定看護師に対する注目が高まる背景の第一は、パイオニア達の働きぶりや実績が評価されてきていることでしょう。メディアにその活躍が取り上げられる機会も増え、認知度が高まってきたことも挙げられます。

2009年5月にスタートして人気テレビドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系列)第4シリーズでも、初めて認定看護師が登場しました。前シリーズまではごく普通の看護師だった木村多江扮する山村紗江子が、認定看護師の資格を持つエキスパートとして活躍しています。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
臨床現場におけるエキスパート
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

認定看護師は1995年、公益社団法人日本看護協会によって創設された資格認定制度で、「ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者」と定義されています。

もう一つの資格認定制度である「専門看護師」が保健医療福祉のコーディネーションや研究活動などを任務としているのに対し、認定看護師はあくまでも臨床現場におけるエキスパート。現場で次の3つの役割を果たし、看護ケアの広がりと質の向上に貢献します。

(1)実践 …特定の看護分野において、個人、家族および集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。
(2)指導 …特定の看護分野において、看護実践を通して看護者に対し指導を行う。
(3)相談 …特定の看護分野において、看護者に対しコンサルテーションを行う。


専門とする分野も、専門看護師は「がん看護」「精神看護」など大きな枠組みであるのに対して、認定看護師のほうは「救急看護」「透析看護」「新生児集中ケア」等々、特定された部分を扱います。


次のページへ
上へ

ホームへ[0]
友達に紹介する
パスワード忘れ
会員規約
お問合せ
運営会社について
掲載内容について
c BUNKAHOSO Career Partners Co.,Ltd.