文化放送ナースナビ
専門的な看護知識と技術を身につける専門看護師

高度化・専門分化が進む医療現場における看護ケアの広がりと看護の質向上を目的に、看護界の総意で資格認定制度が発足しました。専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の3つの資格があります。日本看護協会では、教育機関の認定と専門の教育・研修を受けた看護職への資格認定とを行っています。1996年に専門看護師が初めて誕生し、1997年に認定看護師が、1999年に認定看護管理者が誕生しています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
目的
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識及び技術を深め、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかります。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
役割
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

専門看護師は専門看護分野において
1.実践:個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。
2.相談:看護職を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。
3.調整:必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。
4.倫理調整:個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。
5.教育:看護職に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。
6.研究:専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。


次のページへ
上へ

ホームへ[0]
友達に紹介する
パスワード忘れ
会員規約
お問合せ
運営会社について
掲載内容について
c BUNKAHOSO Career Partners Co.,Ltd.