神戸および近隣病院特集

神戸大学医学部附属病院

患者さんの病気が治るまで
しっかり関わる看護にやりがいを感じる
O・M
循環器内科・心臓血管外科(7階北)病棟 2014年 入職
県立広島大学卒業・広島県出身

神戸大学医学部附属病院 O・M

  • 就職説明会でありのままの職場を紹介してもらったことが信頼感に

    高校生の時に祖母が要介護に。そして少しずつ認知症が進行し、寝たきりになっていく姿を見てきました。その過程で「こうした状況で生きる人を支えたい」と思い、医療関連の仕事に就きたいと考えるようになりました。最初は薬剤師や理学療法士志望だったのですが、患者さんと関わる機会が多い看護師の道に進むことを決意しました。
    私は以前から広島を出て、新しい環境でキャリアをスタートしたいと考えていたので、就職先は県外の病院であることが条件でした。そして、幅広い経験ができる規模が大きい病院であること、大学時代のサークル活動で興味をもった救急科のある病院と条件を絞っていき、当院に出会いました。
    就職説明会では、良いところしか紹介しない病院が多い中、当院は課題なども伝えてくださったんです。そのスタンスに驚きましたが、同時に信頼感もおぼえました。そして、その後に参加した見学会で、看護部長さんや先輩方の温かい雰囲気に魅力を感じ、就職を希望しました。

  • 師長さんのバックアップで本当に自分がしたい看護に出会う

    看護部の大きな特長は、教育体制がしっかりしていることです。現場で指導していただけるのはもちろん、自己学習したことにも丁寧にフィードバックしてくださいます。その代わり、勉強をさぼると厳しく叱られます(笑)。それは、看護師が患者さんの命に関わる仕事であるという自覚をしっかりもつようにするためです。そのおかげで、しっかりと病態を理解して看護をする姿勢が身につきました。
    1年目は希望していた救急・放射線部に所属。ここでは、「スムーズに検査・治療を行い、患者さんの苦痛を軽減する」ことが重要です。やりがいを感じながら働いていたのですが、徐々に「患者さんの病気が治るまで関わりたい」と思うようになりました。それは、祖母の介護をしたことが影響していたのだと思います。師長さんに相談したところバックアップしてくださり、2年目に現在の病棟に異動し、自分が本当にしたい看護に出会うことができました。異動してから1年が経ち、もうすぐチームリーダーを担当することに。これまでは自分のことで精一杯でしたが、今後は病棟に貢献できるよう努力したいと思います!

  • 神戸は景色がきれいで落ち着いた雰囲気の住みやすいまち

    当院の良いところは、たくさんの専門の診療科があり、専門的な知識と技術を習得できることです。分からないことがある場合、どこに相談すれば良いのかが明確なので安心感があります。
    しっかりお休みがとれることも特長のひとつです。夏期休暇は10日近くとることができ、ゆっくり過ごすことができます。休日は、同期や大学時代の仲間とごはんを食べに行くことが多いですね。神戸はおいしいお店がたくさんあるので、毎回どこに行こうかと楽しみにしています。景色もきれいで、落ち着いた雰囲気なのでおすすめです。一人暮らしをしたいと両親に言った時、最初は反対していましたが、今では温かく見守ってくれています。

神戸大学医学部附属病院

住所
〒650-0017
神戸市中央区楠町7丁目5-2
病床数
934床
診療科目
総合内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、膠原病リウマチ内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科、腫瘍・血液内科、血液内科、感染症内科、放射線科、放射線腫瘍科、小児科、皮膚科、精神科神経科、緩和支持治療科、食道胃腸外科、肝胆膵外科、乳腺内分泌外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、整形外科、リハビリテーション科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、泌尿器科、産科婦人科、形成外科、美容外科、麻酔科・ペインクリニック科、歯科口腔外科、病理診断科、漢方内科、遺伝子診療部、救命救急科
看護方式
受け持ち制、チームナーシング併用
看護配置
一般病棟 7:1、 精神科病棟 13:1、 ICU 2:1、
NICU 3:1、 GCU 6:1、 MFICU 3:1

神戸大学医学部附属病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook