精神科ナース新人物語 精神科病院で働く新人看護師に聞いてみたかった3つの質問

  • 01
    駒木野病院 谷 綾乃(タニ アヤノ) 2014年度入職(1年目)
  • 医療法人財団 青溪会 駒木野病院

    谷 綾乃(タニ アヤノ) 2014年度入職(3年目)

    • 資料請求
  • 新卒で精神科に入職することに迷いはなかったのでしょうか?

    迷いはありました。なぜなら、看護師といえば身体面を診れるというイメージがあり、まずは一般科で様々な知識と技術を身につけ、スキルアップしてから興味のある分野に進んだ方が良いのではないかと考えていたからです。精神科に就職すれば、コミュニケーション能力や傾聴スキルは他の科よりも身につくと思っていましたが、それ以外の看護技術はなかなか実践する機会が少なく、看護師として求められる力が不足してしまうのではないかという不安がありました。加えて、実習の時しか精神科看護師の方と接する機会がなく、就職してからどのような生活を送るのか具体的なイメージが出来なかったこともあり、看護師一年目という大事な時期をどこでスタートさせるのかとても悩みました。

  • 就職するにあたり、周囲に反対はされませんでしたか?

    反対されるというよりも心配されることの方が多かったです。就職したい病院が県外であることを伝えると、数多くの先輩を見てきた大学の先生方は、地元での就職を勧めてきました。看護師一年目という大変な時期に県外に出て一人で生活していけるのか、頼れる人がいない中でやっていけるのか、心配してのお言葉をたくさん頂きました。家族や友人は、「帰ってくる場所はあるのだから自分が今したいことをするべき」と言ってくれ、ずっと悩んでいた私の背中を押してくれました。

  • 今の病院を選んだ理由、また実際に働いてみてどうですか?

    児童精神に興味があった私に大学の先生が紹介してくださったのが当院でした。紹介されてすぐに看護部長と専門看護師の方から直接お話を伺う機会があり、インターンシップに参加することになりました。実際に病院や働いている看護師さん達を見て、凄く雰囲気が良いと感じましたし、患者さん一人ひとりのことを大切に考えているのが伝わってきました。一年目の先輩から、休みも取りやすいし自分自身のペースで働けているという話を聞き、マイペースな私でも無理なく仕事ができると考え、選びました。実際に働いてみて、先輩方は皆一年生を良く見てたくさんフォローしてくださるし、悩んだときには一緒に考え、話を聞いてくださるので、とても良い環境で仕事が出来ていると思います。たしかに一般科に比べると看護技術の実践機会は少なく、身体面を見る力も弱いと感じますが、自分自身の努力次第で得られるものはたくさんあるのだということを実感しています。

住所
〒193-8505 東京都八王子裏高尾町273
病床数
482床
診療科目
精神科
看護方式
固定チームナーシンング+継続受け持ち性
看護配置
15:1入院基本料(従来3:1相当)
看護補助加算10:1
看護師比率70%以上
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook