文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 > 山口優花子

先輩ナース特集

Profile

氏名
山口優花子(ヤマグチユカコ)
病院名
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
所属診療科目
救急救命センター
役職・資格
看護師
卒業学校
神奈川県歯科大学 短期大学部
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

母校の先生方に相談したときに、新人教育体制が整っていると勧められたことで、当院について調べたのがきっかけです。そこからインターンシップや実習でお世話になったときに、看護部や病棟看護師の方々の私たち学生に対する温かさと、スタッフ同士のアットホームな雰囲気で「ここで働きたいな」と感じました。また、急性期の看護に興味があり、当院が3次救急指定病院であったことも入職を決めた理由の一つです。

病院選びで重視した点

一つは看護師として技術や知識の獲得のための教育体制が充実していることです。そして、自分が学びたい・したい看護が快適にできる環境であるかが大切ではないかと考えます。病棟の規模や診療科は自分に合っているか、雰囲気はどうか、キャリアアップに対する体制は整っているかといった目線で考えていくことが重要だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4〜6月
 インターネットや学校で病院の資料を集める

■7〜8月
 合同説明会や病院見学に参加

■3月
 インターンシップに参加し病院を決定


【最終学年】
■4月
 採用試験・面接

■5月
 内定

■2月
 国家試験

■3月
 就職前の交流会

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

現在1年目ですが、私の所属する部署では毎日全く異なる診療科の患者さんが入院されます。そのため沢山の知識と技術の習得が必要とされ、毎日が勉強で苦労しています。しかし、先輩から助言をもらいながら看護をしていくことで患者さんが元気になり、救命センターから出ていくときに笑顔になっている姿を見たり、家族の方から「あなたのおかげで」「あなたがいてくれて」といった声を頂いた時に、頑張ってよかった!と思います。

新人研修内容の特長

当院の新人研修の特長としては、定期的に行われるフォローアップ研修があることだと思います。入職3ヶ月目に最初のフォローアップ研修があり、院外出た部署の同期と接したり、体を動かしたりすることで心身のリフレッシュができました。また思いを共有することで今の過ごし方や勉強方法、先輩との接し方といったさまざまな問題点を明確にして明日から何ができるかなどをグループで話し合うことで振り返りの場にでき、新しい学びを得ることができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 部署オリエンテーション
 夜勤オリエンテーション・シャドウイング
 安全管理
 感染予防技術

■5月
 電子カルテ操作研修
 ME機器研修(シリンジポンプやフットポンプ、心電図など)

■6月
 3ヶ月フォローアップ研修

■7月
 静脈注射 レベル2

■8月
 BLS研修
 看護記録研修

■9月
 6ヶ月フォローアップ研修
 フィジカルアセスメント

■11月
 臨床判断I

■12月
 看護倫理基礎

■1月
 10ヶ月フォローアップ研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人聖マリアンナ医科大学 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

〒241-0811 神奈川県 横浜市旭区矢指町1197-1

  • 病床数/450床
  • 診療科目/血液内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、代謝・内分泌内科、総合診療内科、神経内科、神経精神科、小児科、消化器・一般外科、心臓血管外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、病理診断科
  • 看護方式/固定チームナーシング
  • 看護配置/一般病棟 7:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(678件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら