文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター > B

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
所属診療科目
SCU(脳卒中治療室)
役職・資格
看護師、保健師
卒業学校
山梨大学
卒業年
2016年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

もともと生活習慣病に興味があり、なかでも脳卒中に興味がありました。就職のため病院を調べていくうち、“SCU”という脳卒中の専門病棟があることを知り、SCUがある病院に就職しようという気持ちになりました。その中でも当院は回復期リハビリテーション病棟も備えており、患者さんの在宅復帰率も高いことから、急性期治療から回復期リハビリ・在宅退院まで長く関わることができるのではないか、発症直後からリハビリを経て退院まで関われることはやりがいがありそうだ、と考え当院に決めました。
また、休暇取得や福利厚生が充実しており、「仕事以外の時間も充実させることができたら」との思いもあり、就職をきめました。

病院選びで重視した点

一つは、病棟の雰囲気が自分が長く続けることができそうかどうか、です。私は、楽しそうに働いている当院スタッフの姿を見て「ここなら頑張って行けそうだ」と思いました。
次に、やりたいことができそうな病院であるかどうかです。私は脳卒中に興味があったため、専門病院を選びました。自分にやりたいことがあるならば、それができそうな場所を選ぶことは大切だと思います。
最後に立地です。生活する上では住環境も重要なので、地元でもはじめての場所でも、生活しやすい土地であるか、考慮しても良いと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
 学校の先輩からアドバイスや体験談を聞く


【最終学年】
■6月
 インターネットで資料集め。先生に相談し学校からも資料をもらう

■7月
 病院見学

■9月
 就職試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

実際に患者さんとかかわると教科書どおりにはいかない事ばかりで、応用が利かず戸惑う毎日でした。また、夜勤を始めたころは1日の時間のやりくりが上手にできず、生活リズムが乱れ疲労感でいっぱいでした。
しかし、元気になった患者さんが「お世話になりました」と退院の時に挨拶してくれたり、「今日もよろしくね」と毎日声をかけてくれたり、患者さんの笑顔が見られると「頑張ってよかった」と思えるようになりました。

新人研修内容の特長

研修にかける時間が長く、じっくりかかわってもらえます。また、前半は毎月、後半は3か月に一回程度、院内全体の新人研修があるので、定期的に他部署の同期と顔を合わせる機会があり、部署間の情報交換ができたり、お互いに近況報告をしあったり、励まし合い、一緒に頑張ろうと思うことができます。
部署内では新人一人ひとりに合った方法でサポートしてもらうことができ、自分の苦手なところをフォローしてもらったり、苦手を克服する方法を一緒に考えてもらったり、実践・検証を繰り返して成長することができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用職員研修(多職種)
 新採用オリエンテーション
 疾患勉強会

■5月
 疾患勉強会
 BLS研修

■7月
 新採用職員フォローアップ研修(多職種)

■9月
 メンバーシップ研修

■10月
 看護過程(ペーパーペイシェント)
 疾患勉強会 人工呼吸器研修

■11月
 医療安全研修

■12月
 疾患勉強会

■2月
 受持ち患者の看護過程

■3月
 院内リフレッシュ研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1

  • 病床数/300床
  • 診療科目/神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、泌尿器科、循環器内科
  • 看護方式/固定チームナーシング継続受け持ち方式
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(678件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら