文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 京都府立医科大学附属病院 > 井田真規子

先輩ナース特集

Profile

氏名
井田真規子(イダマキコ)
病院名
京都府立医科大学附属病院
所属診療科目
消化器外科
役職・資格
看護師
卒業学校
大阪大学
卒業年
2016年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

教育制度が充実しており、段階的に成長していくことができるのではないかと考えたからです。また、インターンシップに参加した際に、病棟の雰囲気がよく、この病院なら指導を受け、不明点を解消しながら成長していくことができると思いました。
大学時代に一人暮らしを経験しましたが、最初の数年間は仕事に集中できるよう、実家から通うことができる点も魅力的でした。

病院選びで重視した点

確実に技術や知識を習得できるよう、教育制度が充実している点が大切だと思います。それに加えて、実際に病棟の雰囲気を感じ、自分自身に合っているかどうかを確かめることも大切だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
インターネットや合同説明会で病院の資料集め

(最終学年)
■4〜7月
興味ある病院のインターンシップに参加

■7月
実習

■8月
再度、興味のある病院のインターンシップに参加
採用試験
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

日々分からないことや初めて経験するすることが多く不安な状況でしたが、一つひとつのことを確実にできるよう見学から始め、自信を持って実施できるまで先輩がフォローしてくれるので、頑張ることができています。
また、日勤業務と夜勤業務で仕事の流れが異なり上手くいかず苦労した時には、どうすれば改善できるか一緒に先輩が考えてくれ、試行錯誤しながら仕事に取り組むことができています。
できるケアが増えた時や、一生懸命患者さんに接した後に、「ありがとう」と言ってもらえたり、ほっとされる顔を見ると嬉しく、さらに頑張ろうと思えます。

新人研修内容の特長

研修内容が座学のみでなく実践できるようになっている点がよいと思います。特にBLS研修は、実践を想定した研修だったので、実際に発生した時に自分がすべきことをイメージすることができました。
さらに、入職してからの約1週間の集合研修のみでなく、9月まで月に1回程度研修があり、その中で同期とお互いにフィードバックできる機会があったので、リフレッシュすることもできました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
新規採用者オリエンテーション
研修5日間

■5月
土日勤務開始
院内研修(看護過程の展開、e-ラーニング、リクレクション)

■6月
夜勤シャドウイング開始
院内研修(BLS、医療機器、リクレクション)

■7月
院内研修(集中ケア、医療機器、看護倫理、キャリア教育)

■8月
準夜勤務独り立ち

■10月
院内研修(OSCEガイダンス、医療安全・感染対策、集中ケア、救急看護)

■12月
試験(OSCE)

■1月
院内研修(看護研究、救急看護、看護倫理、キャリア教育)

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

京都府立医科大学附属病院

〒602-8566 京都府 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465

  • 病床数/846床
  • 診療科目/総合診療部、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病・代謝内科、血液内科、膠原病・リウマチ・アレルギー科、神経内科(老年内科)、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、内分泌・乳腺外科、移植・一般外科、形成外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、小児科、眼科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、精神科・心療内科、放射線科、麻酔科(ペインクリニック・術前外来)、歯科、漢方外来、小児循環器・腎臓科、小児外科、小児心臓血管外科、リハビリテーション科、救急医療科
  • 看護方式/1992年からモジュール型継続受持方式を取り入れています。
    入院から退院まで1人の看護師が受け持ち、責任と自覚を持って継続した看護を行うことを目的とし、経験の差による看護の質や交替制勤務による時間の空白をグループで補う看護提供の方式です。
  • 看護配置/特定機能病院入院基本料7:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(676件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら