横浜市内にある病院特集

  • 高校時代から目指していた病院に就職

    高校に入学したときから看護師としてスタートするには、教育環境の整っている大学病院を希望していました。以前修学旅行で訪れた横浜は、都会でありながら自然も豊かで気に入った街でした。

    なかでも当院は地域密着型の病院であるとともに周産期やこどもセンターといった高度医療にも対応しており、学べる機会も多いため第一希望に決めていました。実際にインターンシップに参加し、先輩方の子どもやご家族とのかかわり方やスタッフ間の連携のよさを自分の目で見て、ここで働きたいという気持ちが固まりました。私は最終的に奨学金制度を利用したので就職活動に時間を取られることなく、学業や国試の勉強に専念できました。

  • キャリアを積んで、将来は在宅看護にかかわりたい

    初めは小児領域を希望していましたが、成人病棟の実習で大腸がんで手術後にストーマ造設した患者さんを担当。ストーマを受容できない患者さんの思いに寄り添った結果、患者さんやご家族が受け入れることができた過程にかかわることができました。成人看護の魅力を感じた瞬間であり、看護をもっと深めたいという思いに至りました。現在は希望していた内科の混合病棟に勤務し、患者さんやご家族とのかかわりを大切に、日々の看護に取り組んでいます。

    当院は人間関係がいいことも魅力のひとつ。同じ学校からの同期はいなかったこともあり入職当初は不安ばかりの日々。でも病棟の雰囲気も明るく、温かな先輩に迎えてもらえました。仕事やプライベートなど相談しやすい環境があったのですぐに職場にも馴染めました。

    初めは2〜3年間看護技術を身につけて、地元に帰って働く予定でしたが、現在は当院でキャリアを積んで、ステップアップしたいと思っています。そして将来は在宅看護に携わりたいという目標も生まれました。

  • 仲間との交流で充実したプライベートタイム

    聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院:文化放送ナースナビ

    現在は寮で一人暮らし。初めは淋しかったのですが、寮の同期と食事やおしゃべりする時間が持てたので不安も解消できました。最寄り駅の三ツ境は、スーパーやドラッグストアもあり、穏やかで暮らしやすい環境があることも安心でした。

    横浜は空と海を近くに感じることができ、どこか青森県に近い雰囲気があります。休日は友人と、みなとみらいや山下公園の散策や日帰り温泉で、リフレッシュ。お勧めはみなとみらいの夜景です。また、横浜は買い物やウインドウショッピングも楽しめる便利な街で、時間があると出かけています。仕事帰りには、三ツ境、瀬谷、大和などで仕事仲間と食事や飲み会で親交を深めています。

    もともとアウトドア派で休日は外出することが多いですね。ウォーキングで四季折々の変化を感じたり、ひとりカラオケに行くこともあります。学生時代はバスケットをやっていたので、たまに院内の有志が開催しているバスケットボールのサークルに参加し、他病棟の方とも交流を深めています。

    大学病院でありながら温かな雰囲気のある環境で、仕事もプライベートも充実した日々を過ごしています。

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

住所
〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
病床数
518床
診療科目
総合診療内科、血液内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、代謝・内分泌内科、神経内科、神経精神科、小児科、消化器・一般外科、心臓血管外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、病理診断科
看護方式
固定チームナーシング
看護配置
入院基本料 7対1

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook