2015 SUMMER 夏号 転職応援特集

東京

静岡県立 静岡がんセンター

アイコンで見る病院の特長

転職のきっかけ

以前は急性期病院のため、じっくりと患者さんと関わることができなかったことや、以前から興味のあった終末期にある患者さんの看護について学びたいと思っていたこと、また、5年間急性期病院勤務で、自分のなかで急性期看護というものを確立できたように思えたので、他の病院で自己の看護力を伸ばしたいと思い希望しました。当院は経年別研修、がん看護専門コースなど、自分自身が今後行っていきたい看護を高めていくための研修が多々あり、学習する環境が整っていると思います。

今の仕事のやりがい

抗がん剤治療や放射線治療目的で入退院を繰り返す患者さんからは、治療により徐々に病態が良くなっていくことをともに喜んだり、再入院時、私が以前担当であったことを覚えてくださっていたことを聞くとやりがいを感じられます。終末期患者さんと接するのは、特に疼痛に苦しむことが多いため、看ているのも辛いときはありますが、その方の最期の時間を過ごさせていただけるというのは、この仕事だけだと思うので、つらい中にもやりがいは感じています。今後は認定看護師の資格取得も視野に入れながら看護をしていきたいと思います。

中原 瞳
静岡がんセンター 消化器内科、内視鏡科勤務

静岡県立 静岡がんセンター

  • 〒411-8777 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
  • 開設年月日
    2002年9月1日
  • 職員数
    (看護職員数)
    1283名(621名)
  • 看護配置
    一般病棟   / 7:1専門病院入院基本料
    緩和ケア病棟 / 緩和ケア病棟入院基本料
  • 病床数
    589床
  • お問い合わせ
    総務課企画人材班 TEL/055-989-5743(直)
ページの先頭へ