2015 SUMMER 夏号 転職応援特集

東京

地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立医療センター 中央市民病院・西市民病院

アイコンで見る病院の特長

転職のきっかけ

転職前の病院では、消化器内科・循環器内科の混合病棟で看護師1年目から働いていました。経験を重ねるにつれ、心疾患の奥深さに興味を持つようになりました。しかし、心臓血管外科がなかったため、スキルアップするには循環器内科と心臓血管外科の両方を持つ病院へ転職しようと考え、当院への転職を決めました。CCUやC−HCU(Coronary-High care unit)といった重症部門があることも転職を決めた理由の一つです。カテの一泊入院から重症心不全・開心術後など様々な心疾患の患者さんと関わることで、幅広い看護が出来ると思いました。

今の仕事のやりがい

看護師1年目から今まで心疾患の患者さんと多く関わって来ましたが、未だに学ぶことがたくさんあり「やりがい」に繋がっています。新しい治療や検査の導入、他院から紹介される困難事例の受け入れなど、日々勉強しなければならないことが多くありますが、自分のスキルアップに繋がるので、毎日楽しく仕事をしています。休日も十分に確保できるので、ゆとりを持って看護に携わることができています。

津村可奈子
中央市民病院 循環器内科・心臓血管外科病棟

地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立医療センター 中央市民病院・西市民病院

  • 〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2‐1‐1 市民病院前ビル3階
  • 開設年月日
    1924年3月1日
  • 職員数
    (看護職員数)
    1936名(1257名)
  • 看護配置
    一般病棟7:1入院基本料(2病院共通)
  • 病床数
    1058床
  • お問い合わせ
    神戸市民病院機構法人本部総務グループ看護職員採用担当 TEL/078-940-0381
ページの先頭へ