看護学生の就職は文化放送ナースナビ

愛知県がんセンター愛知病院[愛知県]

当院は昭和29年(1954年)に県立愛知病院として開院し、平成17年(2005年)より愛知県がんセンター愛知病院として改名、現在がん医療を中心に診療を行っています。
 当院が目指す医療は、三河地域におけるがんセンターとして高度で良質ながん医療を提供することです。緩和ケアにおいても重点的に取り組み、現在実施している緩和デイケアに加え、外来・入院・在宅を含めた包括的な緩和ケアの提供として、昨年4月より在宅訪問診療を開始しました。また、今年度は高精度放射線治療装置を導入し、正常な組織を避けてピンポイントにがん病巣に放射線を照射し、副作用が少なく、より効果の高い放射線治療が提供できる機器を導入しました。
 看護部では「がん看護の質の向上を図る」ことを目標に、院内だけでなく地域の医療機関との連携強化を図りながら、看護師一人ひとりが患者さんとご家族に真摯に向き合うがん看護の推進をしています。

資料請求
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)

資料請求
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)