看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

地方独立行政法人
広島市立病院機構[広島県]

広島市立病院機構:看護師就職は文化放送ナースナビ
広島市立病院は、2014年4月1日に、「地方独立行政法人広島市立病院機構」として、新たにスタートしました。
これまで、広島市民病院、安佐市民病院、舟入市民病院、リハビリテーション病院は、それぞれの特徴を生かした医療を積極的に提供するとともに、地域の医療機関等と連携して、地域医療を支えてきました。
今後も、市立病院は、広島市の医療に関して重い責任を担い続けなければならないことを十分認識して、さらに質の高い、そして安全で安心な医療の提供を目指してステップアップし、市立病院に求められる役割を果たしていかなければなりません。
このため、地方独立行政法人制度の特長である、自律性、機動性、透明性を最大限に生かし、医療機能の拡充を図るとともに、職員が意欲的に働くことができる、働きやすい職場環境の改善にも取り組み、優れた人材の確保・育成や、効率的な病院運営を行い、安定した経営の維持に努めてまいります。

★お知らせ

【シンボルマークの意味】
市立病院の地図上の位置を起点にした4つの円が重なり合い、市立病院間、他の医療機関等との連携がスムーズに行われ、地域医療を支えるイメージを表しています。
色は清潔感があり、水の都ひろしまを想起させる水色を基調としています。

■初めての方は、まずは会員登録(無料)

  • 先輩ナース特集を見る
  • 文化放送ナースナビ編集部からのお知らせ

    ■初めての方は、まずは会員登録(無料)