看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

地方独立行政法人
広島市立広島市民病院[広島県]

広島市立広島市民病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
2014年4月1日から、広島市民病院は安佐市民病院、舟入市民病院、リハビリテーション病院とともに、地方独立行政法人となりました。正式名称は、地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立広島市民病院です。独法化しましたが、広島市の病院としての役割はいままで通り担っていくことになります。
病床機能報告制度が始まり、病院ごとの役割分担が明確化されてくることになります。当院は救急医療、がん医療、高度医療を担う病院で、急性期、さらには高度急性期病院としての役割を担当することになります。急性期医療は、それだけ診療密度の高い医療で、今回の独法化で医療者の増員をしましたが、優秀な医療者が多数必要な分野です。優秀な医療者はすぐには育ちません。教育が非常に重要になります。以前から初期研修医の教育に力を入れてきましたが、これまで以上に研修医の教育、医師、看護師をはじめ、医療職、事務職の生涯教育に力を入れていく予定です。

★お知らせ

<病院説明会>
現在、準備中。
<インターンシップ>
2019年3月実施予定。

看護師採用については、
広島市立病院機構のホームページをご覧ください。

いいね!(資料請求)
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)

文化放送ナースナビ編集部からのお知らせ

いいね!(資料請求)
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)