看護学生の就職は文化放送ナースナビ

県立広島病院[広島県]

県立広島病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
当院は1877年に公立広島病院として創立、1945年に原子爆弾による焼失という惨禍を乗り越え、1948年から現在の場所で県立広島病院として再発足しました。「県民の皆様に愛され信頼される病院をめざします」を理念に掲げ、高度先進医療や政策医療を積極的に実施し、患者様に満足していただけるよう良質で安全な医療の提供に取り組んでいます。
2000年7月には、母子総合医療センターの設備・機能を充実させ、「総合周産期母子医療センター」を開設するとともに、2004年9月には「緩和ケア支援センター」を開所、2006年7月には臨床腫瘍科を設置するなど、がん診療連携拠点病院としての機能強化に努めています。さらに2009年3月には「母子総合医療センター」を発展させて「成育医療センター」を開設するなど、県の基幹病院として、医療の充実向上に努めています。

★お知らせ

【採用選考試験について】
平成28年度の公募は終了しました。
※再度公募を行う場合は,お知らせします。

【病院見学について】
病院見学は随時受け付けています。
病院見学を希望される方は,
県立広島病院 看護部(082-254-1818)へお電話ください。

■初めての方は、まずは会員登録(無料)

■初めての方は、まずは会員登録(無料)