看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 小野瀬祐亮(オノセユウスケ)
病院名 埼玉医科大学総合医療センター
所属診療科目 高度救命救急センター/1階ICU
役職・資格 看護師、保健師
卒業学校 国際医療福祉大学
卒業年 2016年卒業

入職を決めた理由

災害拠点病院であると共にドクターヘリやDMATも活躍し、急性期に特化している点に魅力を感じました。ICUでの重症患者の管理にも興味ありましたがプレホスピタルにも興味があり、それを学ぶ環境が整っていました。また、病院見学を通して職場の雰囲気が良く、相談しやすい環境だと感じました。

病院選びで重視した点

学生の頃から「どんな看護師になりたいか」という事を念頭に就職活動を行い、自分にあった病院、自分の希望・思いが叶う病院選びに重点をおきました。当院はその点でマッチしており魅力を感じました。やはり、自分が学びたいことを学べる『環境』が最も大切だと思います。また、研修で不安を解消できるなど充実した教育体制も大事だと思います。他にも職場の雰囲気が良く、働きやすい環境であることも大切だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
 インターネットや就職情報誌で病院の情報収集


【最終学年】
■4〜7月
 インターネットや就職情報誌で病院の情報収集

■5〜7月
 合同就職説明会参加

■6〜7月
 インターンシップ参加

■8月
 採用試験

■9月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

ICUに配属され、日々の業務をこなすことで精一杯でした。医師の指示をこなし、仕事を覚えることと高度な手技や知識を身につけることが中心になっていきましたが、1年目の半ば頃からは自信をもって業務に向き合えることも多くなり、自分なりに患者さんのことを考えて最善の看護を提供できるようになりました。ICUでの早期離床や早期のリハビリが予後や退院後に大きく関わることを学びました。それを実践し感謝の言葉を頂いたとき自分の看護が評価され、今後も患者さんを第一に考えた看護を提供したいと思いました。

新人研修内容の特長

病棟で月に一度の技術演習を行うことで、月々の業務の中での不安の解消につながりました。独り立ちの時期は少々早く不安もありましたが病棟全体でバックアップしてもらえ、また多くの先輩が目を配り・気配りしてくれてのびのびと仕事をすることができました。
院内研修では、リフレッシュ研修もあり日頃のストレス解消になり、その他では同期の近況報告の場ともなり互いに同志として高め合えました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 新入職者オリエンテーション(3日間)
 看護記録研修
 医療機器の取り扱い(〜5月)
 感染制御(1)

■5月
 医療安全(1)
 医療ガス

■6月
 リフレッシュ研修

■7月
 BLS研修会
 感染制御(2)

■9月
 中間まとめ

■10月
 医療安全(2)
 皮膚・創傷ケア(〜11月)

■12月
 災害看護・フィジカルアセスメント研修

■2月
 1年間のまとめ

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人埼玉医科大学 埼玉医科大学総合医療センター
〒350-8550 埼玉県 川越市大字鴨田1981
病床数 991床
診療科目 消化器・肝臓内科、心臓内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病内科、血液内科、神経内科、リウマチ・膠原病内科、腎・高血圧内科、消化管外科・一般外科、肝胆膵外科・小児外科、血管外科、乳腺・内分泌外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、形成外科・美容外科、小児科、新生児科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、歯科・口腔外科、リハビリテーション科、麻酔科、救急科、放射線科、神経精神科、人工腎臓部、輸血・細胞治療部、
看護方式 チームナーシング
看護配置 一般病棟 7:1
  • 学校法人埼玉医科大学 埼玉医科大学総合医療センター
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索