看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 金子夏寿也(カネコカズヤ)
病院名 横浜市立大学附属病院
所属診療科目 手術室
役職・資格 看護師
卒業学校 関東学院大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

私は、手術に興味があり、器械だしをする看護師へのあこがれもあり手術室看護師として働きたいと考えていました。就職活動中に、インターンシップで手術室を見学に行き、1年目の看護師を手術室に配属する病院が少ない中、横浜市立大学附属病院は、毎年新採用者が入職していることを知りました。年間6700件以上の手術を行い、ロボット支援手術やハイリスクで高難度の手術を多く行っており、手術室看護師として多くの経験を積みたいと考え、入職しようと思いました。

病院選びで重視した点

病院を選ぶ要件として考えていたことは、2点あります。1点目は、教育体制の充実度です。当院では、新人研修が充実しており、実技練習を行う際は、事前に影像で実技のイメージ付けを行い、研修当日は先輩看護師や担当師長に直接指導してもらうことができます。適宜質問などを行うこともでき、技術習得を目指します。働いていく中で、聞きやすい環境は重要であると考えており、教育の充実度にもつながるのではないかと思います。2点目は、私が手術室看護師を目指していたため、念頭に置いていたことですが、手術件数の多さと難易度の高い手術症例があるかを見るようにしています。様々な症例を経験することで手術室看護師としての経験値を高めれると考えられます。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
 病院研究

■8月
 病院研究
 インターンシップ参加

[最終学年]
■4月
 入職試験

■5月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

手術室配属となり、学生時代は学ぶことのできなかった場所でのスタートだったため、初めて見る様々な診療科の器械の名前と使用方法を覚えることが大変でした。また、器械出しをする中で手術の流れを覚えて器械を渡すことが難しかったです。そのため、普段から手術に入る診療科の解剖学を学習するところから始め、術野をしっかり見ながら自分の覚えた知識と照らし合わせることで、次に渡す器械を予測できるようになりました。先生が何も言わずに手を出すタイミングで、先生の欲しい器械を渡すことができたときは、非常に嬉しかったです。

新人研修内容の特長

新採用者研修は、月1回程度の部署を離れて行われるため、他の病棟の同期と近況報告を行う機会となっており、つらかったことや嬉しかったことを共有できます。気持ちを共有できる仲間がいることでモチベーションを維持し続けることができていると考えています。また、看護技術については、先輩看護師が実際に手技をみせてもらい、自分が行っている技術も一緒に確認してもらいながら、看護技術を習得していくことができます。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 ●看護実践能力UP (※は他職種合同研修)
   ステップ1:新採用者オリエンテーション※
   ステップ2:パート@/看護技術:静脈採血、薬剤の調製、与薬管理、輸液管理、
                   バイタルサイン測定、酸素療法、吸引※
 ●マネジメント能力UP
   ステップ1:新採用者オリエンテーション
   ステップ2:感染管理、情報管理※
 ●人間関係能力UP
   セルフマネジメント 導入※
 ●教育研究能力UP
   教育研究能力
   医学情報センター活用

■5月
 ●看護実践能力UP
   ステップ2:パートA/看護技術:輸血、処置別感染対策、尿道留置カテーテル※
   褥瘡対策・予防ケア※
 ●マネジメント能力UP
   電子カルテ操作

■6月
 ●看護実践能力UP 
   感染対策の基礎/標準予防策・処置別感染対策※
   CVC管理研修
 ●マネジメント能力UP
   セルフマネジメント/フォロー@※
 
■7月
 ●看護実践能力UP 
   ステップ3:BLS

 ●マネジメント能力UP
   ステップ3:タイムマネジメント

■8月
 ●看護実践能力UP 
   ステップ4:フィジカルアセスメントT(フィジカルイグザミネーション)

■9月
 ●看護実践能力UP 
   静脈確保研修
 ●マネジメント能力UP
   セルフマネジメント/フォローA※

■10月
 ●看護実践能力UP 
   CVC管理研修(導入)
 ●マネジメント能力UP
   ステップ5:パート@A(看護記録)
   感染対策の基礎(標準予防策・処置別感染対策)※

■11月
 ●看護実践能力UP 
   CVC管理研修(認定)
 ●マネジメント能力UP
   ステップ6:リスクアセスメントと多重業務
 ●教育研究能力UP
   ステップ8:ケーススタディー1(全体関連図)(3月まで)

■12月
 ●看護実践能力UP 
   がん看護基礎編

■1月
 ●マネジメント能力UP
   ステップ7:看護倫理

■2月
 ●人間関係能力UP
   セルフマネジメント/フォローB※

■3月
 ●マネジメント能力UP
   新人看護師研修プログラムまとめの会・修了式

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院
〒236-0004 神奈川県 横浜市金沢区福浦3-9
病床数 674床
診療科目 血液・リウマチ・感染症内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓・高血圧内科、消化器内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科、脳卒中科、精神科、小児科、一般外科、心臓血管外科・小児循環器、消化器・肝移植外科、臨床腫瘍科・乳腺外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、歯科・口腔外科・矯正歯科、麻酔科、脳神経外科、リハビリテーション科、形成外科、児童精神科、病理診断科、救急科、がんゲノム診断科、遺伝子診療科
看護方式 PNS
看護配置 一般病棟 7:1
その他、ACU等急性期は施設基準に合わせてそれぞれ看護師を配置しています。
  • 公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索