看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 宇川裕実(ウガワユミ)
病院名 市立豊中病院
所属診療科目 消化器内科・眼科病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 園田学園女子大学
卒業年 2017年卒業

入職を決めた理由

私は、当院に実習に来た際に、スタッフの方々の雰囲気が明るく、学生に対しても丁寧に関わってくださったことが印象的でした。
また、インターンシップに参加してシャドウイングした際に、患者さんに対して難しい医療用語を使用せず、患者さんの理解力に応じて話しているのを見て、患者さんの立場に立っているところにも惹かれました。
当院の看護部理念が「温かなこころとケアで信頼される看護」を提供することであり、患者さんとの関わりを大切にしていて、私の看護師像に近かったので当院への入職を決めました。

病院選びで重視した点

私は、病棟・スタッフの雰囲気が大事であると考えます。
実際に、様々な病院のインターンシップに行き、見学したことで自分が働きたいと感じた病院が当院でした。忙しい中でも患者さんのところへ行くと丁寧な対応を心がけていたり、病棟へ戻るとスタッフ同士で声を掛け合っている場面が多くありました。そのため、パンフレットだけで病院候補を決めるのではなく、実際にインターンシップに参加して感じたことをまとめておくと良いと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■2月
説明会に参加
就職サイトが主催する合同説明会に参加


(最終学年)
■4月
インターンシップに参加
マナー講座大学で受講する

■5月
採用試験

■7月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私が苦労したことは、時間の管理です。一つひとつの処置に時間がかかり、他にやるべきことが遅れてしまい、患者さんや先輩方に迷惑をかけてしまうことがあります。実習のように1人の患者さんとじっくり関わることは難しく、仕事では、処置やケアをしている時にナースコールが鳴るなど、様々なことが重なり、優先順位を決めて行わなければいけないので大変だと感じています。
嬉しかったことは、車椅子を後ろから押した患者さんから「あんたが明日もおってくれたら嬉しいなぁ」と言ってくださったことです。

新人研修内容の特長

当院の研修は、基礎看護技術の演習や講義、グループワークなど様々な形式で学んでいきます。特にグループワークでは、他病棟に配属された同期で集まるため、自分の考えにはなかった新たな視点が見つかることもあります。
また、4月は匠ナースという経験を積んだ先輩看護師と一緒に、処置の方法や安全・安楽にケアが行えるよう指導してくださったので、今でも意識して患者さんと関わっています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
新人オリエンテーション(1週間)
感染管理

■5月
褥瘡予防・スキンケア(ポジショニング・体位交換) 遅出勤務開始
救急蘇生(BLS・気管内挿管) 夜勤勤務開始

■6月
メンタルヘルス
看護記録

■7月
医療安全(ヒューマンエラー・インシデントレポート)
コミュニケーションスキル

■9月
基礎看護技術演習

■9月〜2月
ローテ−ション研修

■10月
倫理の基礎

■11月
褥瘡評価

■12月
フィジカルアセスメント

■1月
チーム医療と看護師の関わり


■2月
救急蘇生フォローアップ

■3月
1年の振り返り

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

豊中市 市立豊中病院
〒560-8565 大阪府 豊中市柴原町4-14-1
病床数 613床
診療科目 内科、神経内科、循環器内科、精神科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線治療科、放射線診断科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科
看護方式 モジュール型継続受け持ち方式
看護配置 7:1

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索