看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 T・S
病院名 横浜市立みなと赤十字病院
所属診療科目 脳神経外科、神経内科
役職・資格 看護師
卒業学校 帝京平成大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

インターンシップで当院を訪れた際に病棟内の雰囲気がとても明るく、スタッフがいきいきと仕事をしているのを見て、私も当院で働きたいと思うようになりました。また立地が横浜ということもあり、患者さんもいろんな国の方が入院されていると聞きました。将来は国際看護について勉強したいと思っていたので入職を決めました。

病院選びで重視した点

重視した点は職場の雰囲気と、教育制度です。雰囲気がよければ仕事もしやすくなり、患者さんの安全もつながると思います。また1年目からしっかり教育を受け、知識や技術を身につけることで自分の理想像である看護師に近づけると感じたからです。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

【最終学年】
■5月
 合同説明会参加

■6月
 インターンシップ参加
 大学で小論文・面談対策

■7月
 採用試験、面談

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

急性期病院であり、重症度の高い患者さんが多い中、疾患だけではなく病棟のルールや物品の場所を覚えるのに苦労しました。しかし病棟の先輩が常に何か困っていることは無いか気にしてくださって何でも相談できる雰囲気であったため、困ったこと等はすぐに相談できたのがよかったです。何かミスをしてしまってもやさしく次からどのようにしたらいいのかを真剣に一緒になって考えてくださったため、仕事をする上でモチベーションを保つことができました。

新人研修内容の特長

同期入職者の研修が組み込まれているので、同じ病棟の同期だけではなく他病棟や多職種の同期とも仲良くなれることが魅力だと思います。それぞれ病、職種によって特長があり自分の専門分野との違いが分かると思います。また、院内研修では同期の看護師と研修をするためリラックスでき覚えやすく、また楽しく学ぶことができます。同期同士で看護技術を実践し合うため患者体験もでき、その結果、患者さんに寄り添った看護につながると思います。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 入職式、病院・看護部オリエンテーション
 宿泊研修
 新人技術研修:看護手順や医療機器について学びます
 日勤シャドウイング開始

■5月
 日勤にて1人受け持ち開始
 夜勤シャドウイング開始
 フィジカルアセスメント研修
 毎月プリセプターと面談をして、看護技術の確認や、日頃の悩み等を相談します

■6月
 日勤・夜勤共に2人受け持ち開始
 フォローアップ研修:同期入職者と日頃の喜びや悩みなどを共有します
 部署に合せた勉強会の実施
 感染研修

■7月
 医療と診療情報:診療録について学び、看護記録の理解を深めます
 安全研修

■8月
 受け持ち患者を徐々に増やしていきます

■9月
 急変時のフィジカルアセスメント研修:一次救命処置について学びます
 感染研修

■10月
 多重課題演習:複数名の患者を受け持ち、多重業務・優先度について学びます

■11月
 静脈注射T研修:静脈注射の基礎について学びます

■12月
 安全研修

■1月
 フォローアップ研修:同期入職者と日頃の喜びや悩みなどを共有します
 ラダーTの申請準備
 ラダー評価会の開催

■2月
 ラダーT申請

■3月
 ラダーT認定

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

日本赤十字社 横浜市立みなと赤十字病院
〒231-8682 神奈川県 横浜市中区新山下3-12-1
病床数 634床
診療科目 内科、内分泌内科(糖尿病内分泌科)、血液内科、腎臓内科、リウマチ科(膠原病リウマチ内科)、呼吸器内科、消化器内科(肝臓内科)、循環器内科、神経内科、ぜん息・アレルギー科、精神科、小児科、外科(消化器外科、大腸外科、肝臓外科)、乳腺外科、整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)、形成外科 脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、歯科口腔外科
看護方式 固定チーム継続受持制
看護配置 一般病棟7対1入院基本料
  • 日本赤十字社 横浜市立みなと赤十字病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索