看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 T・M
病院名 横浜市立みなと赤十字病院
所属診療科目 循環器内科・外科
役職・資格 看護師
卒業学校 日本赤十字北海道看護大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

インターンシップでのシャドー体験や看護師の方との語らいに参加して、医療者間の雰囲気の良さや、患者さんへの関わり方が素敵だなと感じ、当院への就職を決めました。

病院選びで重視した点

看護学生の時から急性期医療に興味があったので、急性期医療に力を入れている病院を探しました。また、実際にインターンシップに参加したときに、病院の立地やスタッフ間のコミュニケーション、職場の雰囲気などの職場環境のほか、看護師の患者さんとの関わり方を重視して選びました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
 大学で行う合同就職説明会に参加

■8月
 インターンシップに参加(4病院)

【最終学年】
■4〜6月
 願書作成し、先生に添削を依頼。資料集め

■7月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

最初は何もできず、悩んだり失敗したりして先輩に迷惑をかけてばかりでしたが、先輩から「最初はできない、分からないが当たり前」といってもらい、学習面・技術面を細やかにサポートしていただき1年目を乗り越えることができました。

新人研修内容の特長

入職後の集合研修では小グループになり、技術研修を行います。採血や喀痰吸引などの技術も患者役・看護師役をそれぞれロールプレイで実践することで、患者さんの気持ちを理解するきっかけにもなりました。普段なかなか会えない他部署の同期とも会うことができ、技術を学びつつ休憩時間などでお互いの近況報告もでき、同期達と一緒に頑張っていると実感できる機会になりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 入職式、病院・看護部オリエンテーション
 宿泊研修
 新人技術研修:看護手順や医療機器について学びます
 日勤シャドウイング開始

■5月
 日勤にて1人受け持ち開始
 夜勤シャドウイング開始
 フィジカルアセスメント研修
 毎月プリセプターと面談をして、看護技術の確認や、日頃の悩み等を相談します

■6月
 日勤・夜勤共に2人受け持ち開始
 フォローアップ研修:同期入職者と日頃の喜びや悩みなどを共有します
 部署に合せた勉強会の実施
 感染研修

■7月
 医療と診療情報:診療録について学び、看護記録の理解を深めます
 安全研修

■8月
 受け持ち患者を徐々に増やしていきます

■9月
 急変時のフィジカルアセスメント研修:一次救命処置について学びます
 感染研修

■10月
 多重課題演習:複数名の患者を受け持ち、多重業務・優先度について学びます

■11月
 静脈注射T研修:静脈注射の基礎について学びます

■12月
 安全研修

■1月
 フォローアップ研修:同期入職者と日頃の喜びや悩みなどを共有します
 ラダーTの申請準備
 ラダー評価会の開催

■2月
 ラダーT申請

■3月
 ラダーT認定

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

日本赤十字社 横浜市立みなと赤十字病院
〒231-8682 神奈川県 横浜市中区新山下3-12-1
病床数 634床
診療科目 内科、内分泌内科(糖尿病内分泌科)、血液内科、腎臓内科、リウマチ科(膠原病リウマチ内科)、呼吸器内科、消化器内科(肝臓内科)、循環器内科、神経内科、ぜん息・アレルギー科、精神科、小児科、外科(消化器外科、大腸外科、肝臓外科)、乳腺外科、整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)、形成外科 脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、歯科口腔外科
看護方式 固定チーム継続受持制
看護配置 一般病棟7対1入院基本料
  • 日本赤十字社 横浜市立みなと赤十字病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索