看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 大橋美里(オオハシミサト)
病院名 聖隷三方原病院
所属診療科目 整形外科病棟・結核病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 聖隷クリストファー大学
卒業年 2016年卒業

入職を決めた理由

この病院に入職を決めた1番の理由は、母がこの病院で働いており、職場であったことについて楽しそうに話してくれたり、職場の人間関係が良さそうであると感じていたことです。
看護体験やインターンシップでの病院の雰囲気も良く、実習の際も先輩方から優しく教えていただきました。また、パートナーシップナーシングシステムやプリセプターシステムを導入していることから、教育や働き方が自分に合っているのではと思い、この病院に決めました。

病院選びで重視した点

教育のシステムや職場の雰囲気だと思います。
自分が看護師として働いていくうえで、基礎を学び、自分が目指す看護を行うためにはしっかりとした教育システムが必要だと思うからです。また、働いてみて先輩から受けるサポートには非常に助けられました。大変なことも多かったですが周りの支えがあって今まで成長してこれたと感じるところがたくさんあり、職場が良い雰囲気であることは大事だと思いました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
インターンシップに参加

■2月
合同説明会に参加
いろいろな病院の話を聞く

■5月
採用試験

■6月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私が1年目で苦しかったことは、夜勤業務です。日勤業務ではパートナーシップナーシングシステムであったため、わからないことがあればすぐに隣に先輩がいてサポートしてくれますが、夜勤業務は多くの患者を受け持ち、1人で行動する時間が多くて、不安が強く、慣れるまで大変でした。そんな中、リーダーや先輩にサポートを受けながら少しずつ慣れていきました。
うれしかったことは、少し仕事に慣れてきて1人でできることが増えてきて時で点滴や採血が上手くいくと小さな喜びを感じていました。

新人研修内容の特長

全体の研修が終わった後は、すぐに業務が始まり、いろいろな看護技術を行うため、はじめからすごくハイペースに感じることがありました。しかし、パートナーシップナーシングシステムをとっているため、先輩が見守り指導してくれるため心強かったです。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
病棟オリエンテーション(病棟のことや業務について説明を受ける)
日勤業務が少しずつはじまる

■5月
夜勤シャドウ体験、OPE室オリエンテーション

■6月
予定入院を先輩とともに対応していく
夜勤業務が少しずつはじまる

■7月
シュミレーション研修で病棟で行えない技術を学ぶ

■9月
プロセスレコード(課題)をはじめていく

■12月
リカバリ業務の体験
ICLS=急変時の対応について学ぶ

■1月
プロセスレコード(課題発表)
リカバリ業務導入

■2月
1年間の振り返り

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷三方原病院
〒433-8558 静岡県 浜松市北区三方原町3453
病床数 934床
診療科目 総合診療内科、神経内科、脳卒中科、腎臓内科、内分泌代謝科、血液内科、感染症・リウマチ内科、救急科、ホスピス科、緩和支持治療科、外科、化学療法科、消化器内科、肝臓内科、呼吸器科、呼吸器外科、心臓血管外科、循環器科、小児科、整形外科、産科、婦人科、眼科、脳神経外科、脳血管内外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科、精神科、放射線科、放射線治療科、病理診断科、リハビリテーション科、臨床検査科、歯科、形成外科
看護方式 チームナーシング+PNS(パートナーシップナーシングシステム)
看護配置 7:1
  • 社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷三方原病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索