看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 佐々木真耶(ササキマヤ)
病院名 兵庫県立リハビリテーション中央病院
所属診療科目 回復期リハビリテーション病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 兵庫医療大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

私は大学での実習を経験して、患者さん一人ひとりに深く関わり、患者さんの希望や思いに寄り添う看護をしたいという思いを持ちました。そんな私に教員から紹介を受けた病院が兵庫県立リハビリテーション中央病院でした。私はそこで初めてリハビリ看護に興味を持ち、当院のオープンホスピタルに参加しました。回復期リハビリテーション病棟を見学し、患者さんがそれぞれの目標に向かって努力しているところを看護師の立場から支え、サポートしていること、チーム医療に魅力を感じました。また、働かれている先輩方が患者に丁寧に寄り添っている姿を目の当たりにし、私もこの病院で働きたいと感じたことが入職を決めた理由です。

病院選びで重視した点

私が就職活動中に最も大切にしていたことは、自分がその病院で理想とする看護をしている姿が想像できるかどうかです。私は、いくつかの病院の見学やインターンシップに参加しました。あらかじめ、その病院の情報を収集してから参加していましたが、最終的に自分の気持ちに残るのは、実際に自分の目で見たことや、感じたことが大きく左右しました。実際に見学してみると、病院やスタッフの雰囲気を感じることができます。自分が働いている姿を想像して、良いイメージや納得できる病院を選ぶことが大切だと思います。興味のある病院にはぜひ見学やインターンシップに参加することをお勧めします。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■10月
病院研究

■1月
合同説明会に参加

■2月(〜5月)
病院見学、インターンシップに参加

【最終学年】
■6月
採用試験

■7月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職してすぐは、看護ケアや技術を実際に患者さんに行うことへの不安が大きかったです。しかし、実際に患者さんに行うまでに、新人研修のなかで、先輩の説明を受けながら見学し、その後、見守りのもとで実施して合格を得てから自立という段階を踏みます。そのため、確実に技術を身に付けることができ、自信と安心につながります。
また、先輩方だけでなく、患者さんも優しい方が多いため、毎日楽しく、患者さんから教えてもらい学ぶこともたくさんあります。そして、私の所属する病棟には同期が5人おり、一緒に頑張れる仲間がいることも励みになっています。

新人研修内容の特長

1年目が達成するべきラダーや、看護技術のチェックリストがあるため、自分自身の達成度がわかり、目標を明確にすることができます。
また、必要に応じてサポートをしてくださるため、確実に成長していくことができるのではないかと思います。リハビリテーション病院という特徴に合わせた勉強会が定期的に開催され、専門的な知識を学ぶこともできます。さらに、プリセプター制度があり、どんなことでも相談できる先輩がいることは心強いです。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
看護職員として必要な基本姿勢と態度
病院長講和
教育に関すること
医療安全推進室の役割と実際
感染対策
日常生活の援助技術(口腔ケア・おむつ尿器の当て方・浣腸・体位変換・移乗)
電子カルテの操作説明
ICFの考え方

■5月
採血
夜勤に向けての説明会
薬の見方
記録

■7月
医療機器の取り扱い(シリンジポンプ・輸液ポンプ)
3ヶ月の振り返り
薬剤について
AED研修

■9月
移乗移動介助技術
医療機器の取り扱い(モニター)
看護倫理

■10月
退院調整・支援
摂食嚥下障害看護
フットケア

■11月
症状・生体機能管理技術(シミュレーション研修)
KYT危険予測トレーニング

■12月
静脈注射(留置針)

■1月
1年の振り返り

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立リハビリテーション中央病院
〒651-2181 兵庫県 神戸市西区曙町1070
病床数 330床
診療科目 内科、循環器内科、神経内科、整形外科、リウマチ科、小児科、神経小児科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科
看護方式 チームナーシング
看護配置 15:1(一般病棟)
13:1(回復期リハ病棟)
10:1(障害者病棟)
  • 社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索