看護学生の就職は文化放送ナースナビ

横浜市内にある病院特集

働く環境に自信がある

医療生協かながわ生活協同組合
生協戸塚病院

横浜の地域の人々に密着した看護を提供したい
中村香菜
地域包括ケア病棟(整形外科、外科、内科混合病棟) 2014年入職
神奈川県出身 北里大学看護学部卒業

生協戸塚病院 中村香菜

  • 慢性期領域の看護を希望し転職

    大学病院の急性期病棟に勤務しましたが、慢性期領域の看護を行いたいと思い当院に転職。地域密着型で、患者さまとじっくり向き合える環境があることも決め手となりました。

    現在勤務している病棟は混合病棟のため、内科から外科の疾患まで幅広く学ぶことができます。現場では入院から退院を見すえたケアを提供。患者さまが自宅へ帰られたときに、ご家族が点滴や清潔ケアを行えるようご家族への指導や退院調整を行っています。ソーシャルワーカーとの連携は不可欠で、病棟での様子や病状の経過など情報を共有しています。退院に向けて合同カンファレンスを実施し、個々の患者さまのニーズに応じたサービスを提供できる地域包括ケアに取り組んでいます。

    慢性期領域の看護は、患者さま一人ひとりに合わせたケアを考え、時間をかけてかかわれることが魅力です。患者さまやご家族の気持ちを優先させ、患者さまらしく生活できることを大切にした看護を心がけています。

  • 先輩からのアドバイスで看護の視点が広がる

    当院ではキャリアにそった教育プログラムが用意され、新人でも既卒でも基本から丁寧な指導を受けられます。病棟では幅広い年齢層のスタッフが勤務しているので、さまざまな先輩からアドバイスを受けられる環境があり、看護の視点が広がります。

    勉強会も担当看護師がテーマを決め、疾患から介護保険まで、さまざまな分野の学びを吸収できます。ドクターカンファレンスなどで医師にも聞きやすい雰囲気があるので、専門的な知識も深められます。

    また、地域で開催される「健康祭り」などにも参加し、地域の方々や組合員の皆さんと交流を深められることも特徴のひとつです。

  • 横浜の街で充実したオフタイムを過ごしています

    生協戸塚病院:文化放送ナースナビ

    生まれ育った場所が神奈川県藤沢市のため、横浜は住み慣れた街でした。

    買い物や食事に出かけるのは、ほとんど横浜。今のお気に入りのお店は、横浜そごうにある「林家茶園」。ここは京都気分を味わえる和風カフェで、買い物帰りに立ち寄っています。辻堂にあるテラスモール湘南は、シネマコンプレックスやグルメ、ショッピングを楽しめるので、休日に友人と出かけています。また桜木町は、オムレツやパンケーキの美味しいお店もあり、散策コースも充実しているのでお勧めのエリアです。

    戸塚駅周辺は商業施設もあり過ごしやすい街です。横浜や新宿にも行きやすく、利便性がいいことも魅力です。家にいるときは愛犬のトイプードルと散歩に出かけたり、一緒に過ごすことが癒しの時間。仕事の疲れも吹き飛びます。

    当院はスタッフの顔が見える規模なので、お互いに支え合える環境があります。一人ひとりのスタッフの考えを尊重し、目標をサポートしてくれる環境のもとでさらにステップアップしたいと思っています。

医療生協かながわ生活協同組合
生協戸塚病院

住所
〒245-0062 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町1025-6
病床数
95床
診療科目
内科/外科/整形外科/リハビリテーション科/神経科/泌尿器科/眼科
看護配置
一般急性期病棟 10:1
地域包括ケア病棟 13:1

生協戸塚病院

病院合同説明会参加会場

教育に自信がある 働く環境に自信がある