精神科ナース新人物語 精神科病院で働く新人看護師に聞いてみたかった3つの質問

  • 01
    根岸病院 大堀 義隆(オオホリ ヨシタカ) 2014年入職(3年目)
  • 医療法人社団 根岸病院

    大堀 義隆(オオホリ ヨシタカ) 2014年入職(3年目)

    • 資料請求
    • 説明会・見学会
  • 新卒で精神科に入職することに迷いはなかったのでしょうか?

    看護学生の頃、一般科実習では疾患に対するアセスメントし看護計画立案するのに頭がいっぱいでなかなか患者さんとコミュニケーションをとり訴えを聞き、何をして欲しいのかその時は全部を応えることが出来ませんでした。そのとき思ったのがコミュニケーションの大切さであり、患者さんの訴えを聞く時間も重要性を学びました。精神科実習では、看護師さんは一人一人に対して時間をかけてケアしてました。患者に接する時間も多く、環境整備や患者の日常的な習慣など些細な変化を見つけて声掛け、訴えを聞いて傾聴する看護師さんの姿を見て一般科より精神科のほうがより一層寄り添う看護が出来ると思い精神科に入職しました。

  • 就職するにあたり、周囲に反対はされませんでしたか?

    私は学校の先生に精神科を希望していることを話しました。それに対して教員は「内科的知識を学んでから、精神科に行った方がいい」と話し反対されました。だが、私は患者さん一人一人に対して寄り添う時間が多く、精神科実習で患者さんに対して看護師さんが傾聴し寄り添っている姿を見て「私がやりたい看護はこれなんです」と思い、精神科希望を貫き通しました。入職が決まった際始めは反対していた教員も喜んでくれました。

  • 今の病院を選んだ理由、また実際に働いてみてどうですか?

    今の病院を選んだ理由は、病院見学に行った先職員の方々が明るく「こんにちは」と挨拶しており、病棟も明るく、また看護師も患者さんに対して笑顔で接しており、とても明るく感じました。明るく挨拶されたことが一番印象に残っており、ここに入職しょうと思いました。入職後私は閉鎖病棟に配属になりました。病棟も明るい雰囲気であり、先輩方も優しく教えてもらい不安なこと、分からないこともとても聞きやすい環境です。患者さんに対しても一人一人に関わる時間も多いです。患者さんは精神的にその日その日で状態が変化するので関わり方がとても苦労しました。患者さんが表情険しくときに傾聴し会話の中で表情が少し和らいだときは嬉しく感じました。日によって患者さんの変化にどう対応するか悩むことも多いですが、反対にやりがいも感じ、精神科を選んでよかったと思います。

住所
〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-12-2
病床数
450床
診療科目
精神科、心療内科
看護方式
チームナーシング
看護配置
看護15:1(看護師70%以上)補助6:1
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら