文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集 > 京都市立病院
働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集

地方独立行政法人 京都市立病院機構
京都市立病院

手術に臨む患者さんの不安に寄り添うために。
言葉を越えて心で通じ合うコミュニケーションを

稲葉 光咲
  • 手術センター 2017年 入職
  • 宇部フロンティア大学 卒業

インターンシップを体験することで
自分の看護師像に一番近い病院に出会う。

就職活動では各病院のホームページを閲覧し、インターンシップに積極的に参加していました。
それぞれの病院で働く看護師と患者さんとの関わり方、病院の雰囲気などは、単に見学するよりもインターンとして病院に身をおくことで見えてきます。そうしているうちに出会ったのが、現在の勤務先です。
京都市立病院が掲げる「一人ひとりの心に響く看護を届けたい」というテーマが自分の看護観に近く、インターンシップで看護師と患者さんの距離がもっとも近いと感じたことから、入職を決意しました。

入職後は社会人マナー講座やBLS研修など、たくさんの講座を受講。その後の研修で特に印象に残っているのは、外部講師による「対人援助論」です。この講座では「傾聴」の必要性や、患者さんが話してくれるのを待つことで、思いを表出してもらうことの大切さを学びました。日常の業務は多忙ですが、そうした姿勢を忘れず働いていきたいと思ったのを覚えています。

言葉は交わせなくても、
患者さんとのコミュニケーションを忘れずに。

現在は手術センターに所属。機械出しや術前・術後の患者さんへの外回り看護を行っています。
手術センターでは麻酔がかかった状態の患者さんのケアを行うため、あまり言葉でコミュニケーションする時間は持てません。働き始めた当初は、そんな仕事環境がそれまで自分が抱いていた看護師の仕事のイメージとはかなり違うため、戸惑いもありました。しかし、意識がなくとも患者さんの気持ちを想像し、その立場に立ちながら体位調整や褥瘡予防、体温管理などに取り組んでいくうちに、迷いは消えていきました。とくに、術前訪問で伺った患者さんが手術当日、わたしの顔を見て安心したように笑顔を見せてくださったことは忘れられません。
言葉による会話は少なくても、言葉以外で行うコミュニケーションを大切に、現在の仕事を続けていきたいと思えるようになりました。

手術センターに来られる患者さんは皆、とても緊張されています。そのため、術前訪問のときにはできるだけ不安を隠さず示してもらうようにしています。また、手術前の麻酔がかかるまでは、できるだけ患者さんの近くにいるように心掛けています。今年で入職3年目を迎えますが、これまでのように医師の先生方や先輩看護師に頼るのではなく、より自律的に行動していきたいと思います。自分の頭で考え、アセスメントを行い、患者さんの微妙な変化に注意を配ることでその状態を把握して動ける看護師として成長していきたいですね。

京都の観光名所を巡ってリフレッシュ。
いつも楽しめる予定を設定。

京都市立病院は福利厚生がとても充実していて、看護師として長く働くことのできる環境が整っています。
また、人間関係が良好なことも魅力。職場ではお互い声を掛け合いながら仕事に勤しみ、悩みや仕事に関する情報を共有しながらそれを日常の業務に活かしています。
また、観光名所がもりだくさんの「京都」という立地も魅力のひとつ。休みの日には観光地を巡ったり、繁華街でショッピングしたりしてリフレッシュしています。また、定期的に旅行に行ったりライブに行ったり、楽しめる予定を設定するようにしています。

地方独立行政法人 京都市立病院機構
京都市立病院

住 所
〒604-8845 京都府京都市中京区壬生東高田町1-2
病床数
548床
診療科
内科、アレルギー科、呼吸器内科、消化器内科、腫瘍内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、血液内科、内分泌内科、糖尿病代謝内科、感染症科、精神神経科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、小児外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、脊椎外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、放射線治療科、放射線診断科、病理診断科、臨床検査科、麻酔科、緩和ケア科、救急科、集中治療科
看護方式
パートナーシップナーシング
看護配置
7:1
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • この春ご卒業の2019年卒で未内定で看護師資格取得された方対象の「個別就職相談会」
    • LINEスタンプ販売中!!
    • 看護師、有資格者の方 登録はこちら