文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集 > 神鋼記念病院
働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集

社会医療法人神鋼記念会 神鋼記念病院

ICUで働くことで、多様な知識・技術を吸収しながら、
自分の進むべき「専門性」への道を探る

多くの診療科を持ち、
急性期医療に力を入れている職場に可能性を感じて

就職活動で重視したのは、各病院の看護理念と職場の雰囲気、そして教育体制でした。
「自分はこの環境で働きたいと思うか?」と考えながら数々の病院見学会に臨んでいくうちに、出会ったのが神鋼記念病院です。アットホームな空気、そして『この病院でよかったと患者さんに信頼される看護を実践する』という看護部の理念がとても印象的だったのを覚えています。また、急性期医療に力を入れているところや、診療科が多いことも大きなポイントでした。この病院で働くことで、多様な看護の知識や技術を学べると考え、入職を決めました。

患者さんと接する機会が短いICUだからこそ、
一人ひとりに寄り添ったケアを

ICU病棟には、消化器外科、脳外科、呼吸器外科、泌尿器科などさまざまな手術後の患者さんや、緊急入院された脳卒中、心不全、呼吸不全など重症・急性期にある患者さんがいらっしゃいます。
患者さん一人ひとりの状態や変化を見逃さないよう、全身状態の観察・管理をしながらカンファレンスを通して情報共有を行い、より早い回復のために何ができるかを常に考えています。
入職後1週間の初期研修では、接遇や安全対策など、基本的な研修をグループワークで学習。50人いる同期と一緒に学ぶことで、お互いに親睦を深めることができました。その後1年間を通して、薬剤の管理・感染対策、患者の移乗やフィジカルアセスメントなど、現場で必要な研修を段階ごとに受けます。また定期的に、新人同士で自分たちの状況や困っていることなどを意見交換できるリフレッシュ研修もあります。

日常の勤務では患者さんに寄り添った看護を意識しています。患者さんの気持ちや状態を確認し、そのときにできる最大限のケアを行うことを心がけています。また患者さんと信頼関係を築くために、コミュニケーションを取りながら患者さんの生活背景を知ることができるようにしています。
ICUは患者さんの滞在期間が短く、1人の患者さんと向き合える時間は病棟に比べて少ないですが、その短い期間に自分の名前を覚えてもらったり、退院前に元気になった姿を見せていただいたりしたときは、「自分の看護は間違っていなかった」と嬉しく思います。
ICU看護師としてはまだ知識・技術も未熟であり、学ぶことはたくさんあります。今後はさらに院内外の研修や勉強会に参加することで、知識や技術を高めていきたいと思います。そんな学びや日常の業務を通して、自分が将来専門的にやってみたい分野は何なのか、目標を定めていきたいと考えています。

三宮から1駅。休日は同期たちと出かけて
励まし合うことがリフレッシュに

病院は三宮から1駅という立地条件。また、職員寮があることも四国から就職した私にとって、とても魅力的でした。休日は同期や友人達と、買い物や遊びに出かけています。仕事でつらいことがあって落ち込んだときは、同期や友達の存在がとても助けになっています。まだ学ぶことも多く、寮で自主学習することも多いですが、休みの日にはオンとオフの切り替えをしっかり行うようにしてから、これまで以上に「明日からももっとがんばろう」と思えるようになりました。

社会医療法人神鋼記念会 神鋼記念病院

住 所
〒651-0072 兵庫県神戸市中央区脇浜町1-4-47
病床数
333床(ICU・CCU・SCU・HCUを含む)
診療科
総合内科、血液腫瘍内科、糖尿病・代謝内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、乳腺科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、皮膚科、婦人科、婦人腫瘍科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、放射線治療科、泌尿器科、麻酔科、リハビリテーション科
看護方式
固定チームナーシング(一部受け持ち制)
看護配置
一般病棟7:1 入院基本料
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • この春ご卒業の2019年卒で未内定で看護師資格取得された方対象の「個別就職相談会」
    • LINEスタンプ販売中!!
    • 看護師、有資格者の方 登録はこちら