文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集 > 北播磨総合医療センター
働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集

北播磨総合医療センター

他府県で働くことで自分にとって良い刺激を。
脳神経のプロフェッショナルとして着実に成長する。

城戸 沙也加
  • 7階西病棟 2017年 入職
  • 河原医療大学校 卒業

他府県の病院を選び、
「ここだ!」と思える病院に出会えるまで

母校にはさまざまな都道府県から学生が集まっていて、全く違った環境で過ごしてきた人たちからとても刺激を受けました。そのため県外で働きたいという思いがあり、他府県に所在する病院を選んで探しました。就職活中は同級生達が次々と就職先が決めていることに焦りましたが、自分が「ここだ!」と思える病院をとことん探し、その末に当院に採用されたときはすごく安心したことを覚えています。当院に魅力を感じたのは、「患者と医療人を魅きつけるマグネットホスピタルを地域とともに築き、理想の医療を提供する」という理念です。ここから、この病院をもっと知りたいという思いが芽生えました。

充実した教育制度のなか、
脳神経の専門知識・技術を身につける

当院は教育制度が充実しており、入職後2週間程度のオリエンテーションと基礎技術演習があります。病棟に配属されてからも月に1回新人研修があり、帰宅後も自己学習できるプログラムが充実しています。また、病院にはスキルラボ室という技術の練習ができる場所もあります。さらにプリセプターナースに技術のチェックをしてもらえるため、現場でも安心です。入職当初は覚えることが多く環境に慣れることに精一杯でしたが、指導してくださったプリセプターナースの言葉に励まされ、頑張ることができました。また、ともに頑張る同期の存在も大きかったと思います。
勤務しているのは脳神経外科・脳神経内科病棟です。病棟には疾患の影響で自分の思いをうまく伝えることができない患者さんも多いため、コミュニケーションを大切にしながら患者さんの思いに寄り添う看護を心がけています。今では患者さんが元気に退院される姿をみたり、患者さんや家族さんから嬉しい言葉をいただいたりすることが私の活力になっています。
今後は脳神経のプロフェッショナルとして成長できるよう、さらに専門的な知識を身につけ、患者さんや家族さんの思いに添える看護師になりたいと思います。また、2年目の後半からリーダーとしての業務が始まるので、自分のことだけではなく、周囲に目を配れるようになりたいと思います。

オフは神戸や大阪へお出かけ。ボーナスで大人買いも

休日は神戸へ出かけたり、少し遠出をして大阪に遊びに行ったりします。同期や先輩方とも親しいので、一緒に食事に出かけることも。ボーナスをもらった時には欲しかったものを大人買いしたりして、オンオフの切り替えを大切にしています。

北播磨総合医療センター

住 所
〒675-1392 兵庫県小野市市場町926-250
病床数
450床
診療科
総合内科、老年内科、糖尿病・内分泌内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、血液・腫瘍内科、腎臓内科、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科、ペインクリニック内科、緩和ケア内科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、小児科、皮膚科、精神神経科、外科、消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、泌尿器科、産婦人科、形成外科、麻酔科、病理診断科、救急科、歯科口腔外科
看護方式
固定チームナーシング
看護配置
7:1
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 2020年卒で未内定対象の「個別就職相談会」
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら