文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集 > 新生病院
働く!住む!遊ぶ!大阪・神戸・京都で働こう特集

医療法人実風会 新生病院

患者さんの声にしっかり耳を傾け、精神看護の専門性を高めていく

高田 るい
  • 精神科 2017年 入職
  • 関西看護医療大学 卒業

治療法に興味を持ったことで
精神看護に興味を抱き、就職活動

学生の頃から精神看護に興味を持っていました。特に興味深かったのは、電気けいれん療法(ECT)という治療法です。近年施術にも改善がなされ、その効果が再評価されているこの治療法の効果を知ったこと、そして精神科の患者の在院日数が90日前後と短くなっていると知ったことから、この療法をプログラムと して取り入れている専門病院で働き、詳しく学びたいと考えました。就職活動では病院に関する知識がまったくなかったため、学校の先輩にさまざまな話を聞きながら自分でもインターネットを使って病院を研究。
少しでも興味を抱いたところには資料請求を行いながら病院を探していったところ、見つけたのが新生病院です。

落ち着いて仕事に打ち込める環境のなかで
専門知識を身につける

現在は準開放病棟に勤務中。主に入院患者さんの身体・精神看護を手がけています。
点滴や与薬などの医療行為を行いながら、日々変化する日々変化する患者さんの状態を把握するために、常に活発なコミュニケーションを意識して関わることを重視しています。

入院患者さんは複数の疾患を抱える方も多いため、幅広い知識が必要。そのため、院内の研修には積極的に参加しています。研修では患者さん同士が口論になった際の対処法など、院内で起こった実際の事例をディスカッションして検討することも。こうした研修で学んだことを、病棟で日々患者さんと接する際に活かしています。

毎日の業務では先輩看護師の指導を受けていますが、何かわからないことを質問したときは、ただ答をくれるだけではなく、私と一緒に解決法を考えてくださいます。そこから、様々な観点から考え、答を導き出す姿勢が身についていることを実感しています。また、個人的に一番気を使っていることは「身だしなみ」。常に清潔感を保つことで患者さんに良い第一印象を持っていただくことは、精神科の看護ではとても大切だと考えています。

この病院に入職する前は他病院の一般診療科で働いていたのですが、そのときは日々の業務に追われて患者さんの話をしっかりと聞いたり、医師に相談したりする時間もあまり持つことができませんでした。現在はベッドサイドで患者さんの言葉にじっくりと耳を傾け、気づいたことや感じたことをいつでも医師に伝えられる環境があります。そんな中で患者さんに寄り添いながら、今後も精神医療についての知識を増やしていきたいと思います。

オフの日も職場の人々と
しっかり人間関係を築くことが大切

神戸生まれの神戸育ちなので、この街の「都会すぎず、田舎すぎず」といったバランスがとても好きです。オフの日には友達と会って息抜きしたり、職場で仲良くしている人たちと仕事について語り合ったりして過ごしています。仕事にはいつも緊張が伴うので、オフに職場の人々と人間関係を築くのは、ストレスを減らしていくためにも大切だと思っています。

医療法人実風会 新生病院

住 所
〒651-2124 兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和字横尾238-475
病床数
180床
診療科
診療科、精神科
看護方式
チームナーシング
看護配置
精神一般病棟(13:1)
精神科急性期治療病棟1(13:1)
認知症治療病棟1(20:1)
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • この春ご卒業の2020年卒で未内定で看護師資格取得された方対象の「個別就職相談会」
    • LINEスタンプ販売中!!
    • 看護師、有資格者の方 登録はこちら