文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 昭和大学横浜市北部病院 > C・I

先輩ナース特集

Profile

氏名
C・I
病院名
昭和大学横浜市北部病院
所属診療科目
脳外科病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
神奈川県立保健福祉大学
卒業年
2018年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

インターンシップに参加した際、1人の患者さんに対して、昭和大学北部病院の看護師が医師や理学療法士、作業療法士、薬剤師などの多職種が多角的に見て、患者さんのケアを日々考えていることに感銘を受けました。私もこのチーム医療の一員になって、患者さんと関わって行きたいと思い、本院に決めました。
また2つ目に選んだ理由として、新人教育が充実している点で選びました。薬物管理や感染予防行動、記録の書き方など多岐にわたる集合教育による研修を1年間学び、集合教育で学んだことを、病棟で何度か練習し自分の看護実践能力を高め、患者さんに安心した看護が提供できるところに共感を得ました。

病院選びで重視した点

私は自分の体調管理が整えられ、健康的に勤務を行うことができるところが大事だと思います。看護師として働くうえで、命を預かる仕事であること、夜勤などの変則的なシフトのような勤務形態もあり、自分の体調管理を日々行うことが何より大事だと感じています。
私は、実家に住み、病院に近いところから勤務していますが、家族が食事や買い物、洗濯などしてくれているので、仕事から帰ったらすぐ食事やお風呂に入れる状況であり、それに感謝しています。新人の時はとくに慣れない環境での仕事、はじめての事ばかりで緊張する日々のなか、体調は崩しがちですが、休息をしっかりとれる環境が必要でした。
休みに関して北部病院は、希望休をとることもできますし、毎月の休みはしっかり確保できていたので休息日は自分の体調を整えつつ、自己学習に励むことができました。これからも体調管理には気を付けていきたいと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■12月〜2月
 インターネットで病院資料を集める

■3月
 3〜4病院のインターンシップに参加

【最終学年】
■4月
 合同説明会に参加

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

看護師1年目は初めての経験ばかりだったので、日々、新しい技術習得をしていくことに苦労しました。特に採血や点滴の看護技術は、直接患者さんの身体に影響を与えるので緊張し、最初のころは手が震えてなかなか習得することができませんでした。集合教育の演習でも緊張し、実際の患者さんに注射をするときには、もっと緊張を伴いますが、日々、先輩看護師にフォローしていただいて何回も実践を積み重ね、習得できたときは「また一つ技術を習得し自立することができた!」と嬉しく感じました。

新人研修内容の特長

昭和大学北部病院の新人研修の特徴は新人研修の機会が充実していることです。4月に新人として入職した際、最初に行った研修が感染予防管理についての研修でした。4月に入職した当初は、先輩のシャドーイングについて業務の組み立て方や患者さんとの関わり方について学びます。例えば、清潔ケアは、先輩看護師と一緒に行うことで、患者さんへの会話や清拭の手順を実際に学ぶことができます。その際、エプロン、手袋、マスクの装着手順や破棄の仕方を感染予防管理を学習していたため、スムーズに実践へと結びつけることができました。このように昭和大学病院の研修は、研修後に病棟でOJT教育があるので、安心して業務を行うことができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 組織オリエンテーション(看護基準・看護手順・キャリア・メンタルヘルスなど)
 〇医療安全管理体制とリスクマネジャー
 〇物品・コスト管理
 〇酸素吸入療法 〇吸引 〇経口薬の与薬 〇移送・ボディメカニクス
 〇スタンダードプリコーション 〇無菌操作
 〇看護職員としての基本姿勢と態度
 〇医療安全管理の知識・技術
 〇感染予防技術
 〇災害・防災管理
 〇情報管理・看護記録と法的位置づけ

■5月
 〇血糖値測定とインスリン皮下注射 〇抗生物質の用法と副作用の観察
 〇点滴静脈注射 〇静脈血採血 〇夜勤オリエンテーション
 〇看護倫理について
 〇麻薬の作用副作用 〇輸血療法
 〇針刺事故防止
 〇チームとコミュニケーション 

■6月
 〇食事の工夫と援助、経管栄養療法 
 〇輸液ポンプとシリンジポンプの準備と管理
 〇心電図モニターの講義と演習 

■7月
 〇意識レベルの観察・気道確保・人工呼吸・胸骨圧迫
 〇気管挿管の介助・チームメンバーへ応援要請
 〇導尿、尿道留置カテーテルの実践技術 
 〇睡眠コントロール 

■8月
 〇重症度・医療・看護必要度評価の講義と演習 

■9月
 〇多重課題の演習 
 多重課題の演習の終了後から、受け持ち看護師として患者担当を1人から始める(先輩フォローのもとで)

■10月
 〇褥瘡予防のケア(創傷管理技術)
 〇栄養状態のアセスメントと食生活支援
 〇人工呼吸器の取り扱い
 〇看護倫理研修(演習)
 〇メンタルヘルス講義 

■12月
 〇10ヶ月の振り返り
 〇キャリアアンカーについて
 〇メンタルヘルス講義 

■1月
 〇クリニカルラダー自己・他者評価開始 

■2月
 〇クリニカルラダー評価
 〇メンタルヘルスチェック
 〇新人教育責任者との面談

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人昭和大学 昭和大学附属病院

〒142-8555 東京都 品川区旗の台1-5-8

  • 病床数/3155床
  • 診療科目/呼吸器・アレルギー科、リウマチ.膠原病内科、糖尿病.内分泌.代謝内科、腎臓内科、消化器内科、血液内科、循環器内科、神経内科、腫瘍内科、総合内科(ER)、感染症内科、精神.神経科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器.一般外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成.美容外科、産婦人科、眼科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、救急医学科、臨床検査科、病院病理科、歯科
  • 看護方式/継続受け持ち固定ナーシング
  • 看護配置/7対1(本院)特定機能病院

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(470件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら