文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立大学附属病院 > 中嶋楓

先輩ナース特集

Profile

氏名
中嶋楓(ナカジマカエデ)
病院名
横浜市立大学附属病院
所属診療科目
ICU
役職・資格
看護師
卒業学校
香里ケ丘看護専門学校
卒業年
2018年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

私の理想の看護師像の一つは「患者さんに寄り添える看護師になりたい」です。就職活動で当院のインターンシップに参加した時、どの看護師も患者さんの疾患だけでなく、個々の性格や細やかな情報をもち、個別性を捉えながら看護している姿を見ました。私も患者さん一人ひとりに寄り添う看護ができる看護師になりたいと思い当院に就職を決めました。

病院選びで重視した点

教育体制の充実と人間関係です。院内で実施される研修は、基本的な知識・技術を臨床の看護実践につなげるための学びを深める時間であると思います。また、職場の雰囲気や人間関係が良いことは働く環境としてとても大切で、患者さんとの関わり方や信頼関係にも繋がると考えているため必要な要件として考えています。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

【最終学年】
■4月
 インターネットで病院を調べる
 就職サイトで合同説明に行き、資料を集める

■5月
 当院のインターンシップ

■8月
 採用試験(当院)
 大阪の病院見学

■9月
 内定(当院)

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

就職後まだ半年で経験が浅く、患者さんの病態と実際の状態を関連づけることが難しいです。目の前の状況をタイムリーにアセスメントし判断する事や多重業務が重なった時に優先順位を考えて行動していくことに苦労しています。しかし、一生懸命考えアセスメントし看護実践していくことで、一日一日患者さんの病状が良くなり、コミュニケーションがとれて元気になっていく姿を見ると、とても嬉しく思います。

新人研修内容の特長

新人研修はスライドやプリントを用いた講義だけでなく、実際の診療材料を使用して吸引手技や輸液管理、感染管理、静脈採血などの演習ができます。臨床に近い環境で研修を受講できるので、自分の配属部署での状況をイメージしやすく、臨床で実践する際には留意点や手技のコツなどを思い出しながら行えるのでとても役に立っています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆ 
 新採用者オリエンテーション
 基礎看護技術研修@(酸素療法・気管吸引、輸液管理、内服管理、感染管理、電子カルテ操作)
 ☆部署業務シャドーイング 
 セルフマネジメント研修導入(業務習得期間)

■5月
 基礎看護技術研修A(静脈採血、輸血管理) 
 看護記録研修
 ☆日勤業務ダブル開始

■6月
 タイムマネジメント
 多職種協働   
 スキンケア基礎研修
 セルフマネジメント研修フォロー

■7月
 災害看護
 摂食嚥下(食事介助)
 ☆夜勤業務ダブル開始

■8月
 フィジカルアセスメント研修

■9月
 静脈注射(血管確保)研修
 セルフマネジメント研修フォロー

■10月
 CVC管理研修  

■11月
 リスクアセスメント
 身体抑制
 BLS研修

■12月
 がん看護基礎
 ケーススタディ(全体関連図)

■1月
 チーム医療
 看護倫理

■2月
 セルマネジメント研修フォロー

■3月
 まとめ
 修了式

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院

〒236-0004 神奈川県 横浜市金沢区福浦3-9

  • 病床数/674床
  • 診療科目/血液・リウマチ・感染症内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓・高血圧内科、消化器内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科、脳卒中科、精神科、小児科、一般外科、心臓血管外科・小児循環器、消化器・肝移植外科、臨床腫瘍科・乳腺外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、歯科・口腔外科・矯正歯科、麻酔科、脳神経外科、リハビリテーション科、形成外科、児童精神科、病理診断科、救急科、がんゲノム診断科、遺伝子診療科
  • 看護方式/継続受け持ち看護方式
  • 看護配置/一般病棟 7:1
    その他、ACU等急性期は施設基準に合わせてそれぞれ看護師を配置しています。

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(567件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら