文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 京都市立病院 > 佐藤愛美

先輩ナース特集

Profile

氏名
佐藤愛美(サトウアイミ)
病院名
京都市立病院
所属診療科目
整形外科
役職・資格
看護師
卒業学校
京都看護大学
卒業年
2020年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

私が当院を志望した理由は2つあります。1つ目は、当院での実習の際に、看護師の方が患者さんのニーズを尊重した看護を提供している姿を多く拝見し、私もこの先輩方のように、患者中心の看護を提供できる看護師になりたいと思ったからです。
2つ目は、PNS制度により先輩看護師の看護を身近で学ぶことができる点です。自分の看護感をより深められるとともに、自分自身の不足している考えや知識を得ることにより、成長できる場所だと考え、入職しました。

病院選びで重視した点

・働いている先輩看護師の表情
・患者への接し方
・病棟の雰囲気
・福利厚生
・病院の清潔さ
・病床数

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■12月
学内で行われた就職ガイダンスに参加

■3月
インターンシップに参加

【最終学年】
■4月
インターネットを利用した病院の資料集め、および学内の就職担当に相談

■6月
病院説明会・見学に参加

■8月
採用試験

■9月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職当初は仕事の流れや物品の場所、疾患の勉強など覚えることが多く奮闘の日々でした。現在も毎日患者さんとの関わりから学ぶことが多くあり、先輩看護師に支援していただきながら、学習の日々を送っています。患者さんへの声かけや、認知症の患者さんとの関わりを通して、コミュニケーションの大切さも痛感しました。
知識、技術面でも悩むことが多くありますが、患者さんが名前を覚えて呼んでくださったり、「あなたのおかげで心が和らぎました」とお手紙をいただいたときは本当に嬉しく、やりがいを感じました。これからも、その人らしさを大事にした患者さん第一の看護を提供できる看護師を目指して努力していきたいと思います。

新人研修内容の特長

新人研修で一番印象に残っているのが、患者体験の研修です。車椅子、ストレッチャーの移送体験、排泄援助、食事援助など、患者さんの立場になりながら受けたケアは日々の看護を振り返るきっかけとなり、とても勉強になりました。
その他の研修では、座学だけではなく、グループワークや演習もあり、他の人の意見を聞ける点、実際に実践できる点から理解が深まり、日々の看護につながっていると実感しています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
看護記録研修、カルテの記入方法、静脈ルート確保
採血、ミキシング、輸液ポンプ、シリンジポンプの使用方法
夜勤シャドウイング開始

■5月
患者の状態に合わせた1日のスケジュール立案
複数患者の情報収集から患者の看護ケアの優先順位の立案

■6月
急変対応研修

■7月
夜勤独り立ち
患者体験

■9月
災害看護の研修
入院をとり始める

■11月
一人の患者の看護展開

検索

病院所在地 卒業年    

地方独立行政法人 京都市立病院機構 京都市立病院

〒604-8845 京都府 京都市中京区壬生東高田町1-2

  • 病床数/548床
  • 診療科目/内科、アレルギー科、呼吸器内科、消化器内科、腫瘍内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、血液内科、内分泌内科、糖尿病代謝内科、感染症科、精神神経科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、小児外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、脊椎外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、放射線治療科、放射線診断科、病理診断科、臨床検査科、麻酔科、緩和ケア科、救急科、集中治療科
  • 看護方式/パートナーシップナーシング 年間を通じたパートナーを設定し、双方が補完しながら成長し、継続した看護を提供する。日々の業務はペアで業務を行い、ケアの方法や判断・実施を安全に行う。新人でも安心して業務が行える。
  • 看護配置/7:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(701件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら