文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 協和マリナホスピタル > M・M

先輩ナース特集

Profile

氏名
M・M
病院名
協和マリナホスピタル
所属診療科目
回復期リハビリ病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
神戸市看護大学
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

私は、大学時代に診療所のリハビリ室で助手としてアルバイトをしていました。患者さんがリハビリを受け、どんどんと動けるようになったり、元気になっていく様子を見るのがとても嬉しかったので、リハビリテーション病棟の看護師として働きたいと思っていました。
当院を就職サイトで見つけ、インタ−ンシップに参加しました。病院の窓から海が見え、とても雰囲気が良かったのと、先輩看護師がとても優しく、患者さんにも笑顔で接しているのが印象的で、入職を決めました。

病院選びで重視した点

私は、研修や教育体制が充実していることが大事だと思います。私の働いている病院では入職前研修や毎月の勉強会、法人内での研修等教育体制が整っています。看護師として働く上で必要な知識や技術が習得できたのと、同期とコミュニケーションを取る良い機会になりました。
また、病院の雰囲気や人間関係も病院を選ぶ要件として大事だと思うので、インターンシップや説明会に参加するのが良いと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4〜5月
病院研究(インターネットを使って、病院の資料を集める)

■6月
インターンシップに参加

■8月
採用試験(面接・小論文)

■9月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは、毎日の勉強です。家に帰ってから、3時間以上は勉強することが多かったです。次の日の受け持ち患者さんの疾患や看護、習得できていない看護技術について予習していました。
苦労はしましたが毎日積み重ねることにより、わかることが増えたり患者さんとコミュニケーションをしっかり取る余裕もできてきたので、良かったと思います。受け持ち患者さんのADLが上がったり、退院支援をして在宅退院ができたことも、とても嬉しかったです。

新人研修内容の特長

私の働いている病院は入職前研修があり、同期の入職者との関係を深めることができました。そのおかげで、入職に向けての不安や緊張感が和らぎました。
7月には法人内の新入職者が参加するリフレッシュ研修というものがあり、福井県で1泊2日、マリンスポーツや宴会を楽しみました。他職種、他施設のスタッフと交流し、心身ともにリフレッシュすることができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
看護技術・心電図・看護記録の勉強会
新人職員研修

■5月
フィジカルアセスメント1(バイタルサイン)の勉強会

■6月
フィジカルアセスメント2(呼吸)の勉強会

■7月
夜勤シャドウイング開始
スキンケアの勉強会
リフレッシュ研修

■8月
救命救急の勉強会

■9月
ケーススタディのまとめ方
看護倫理の勉強会

■10月
看護計画の勉強会

■11月
死後の処置の勉強会
新人フォローアップ研修

■12月
グループワーク発表準備

■1月
ケーススタディ院内発表会
臨床倫理の基礎

■2月
グループワーク発表練習

■3月
看護の振り返り

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人協和会 協立病院・協立温泉病院・協和会病院・協和マリナホスピタル・第二協立病院・千里中央病院・市立川西病院(指定管理)

〒666-0016 兵庫県 川西市中央町15-25 (医療法人協和会 法人本部)

  • 病床数/2276床
  • 診療科目/内科、神経内科、消化器科、胃腸科、循環器科、リウマチ科、外科、 整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産科、小児科、産婦人科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、緩和ケア、人工関節センター、人工透析センター
  • 看護方式/継続受け持ち制固定チーム、プライマリー
  • 看護配置/○急性期一般 7:1
    ○地域包括 13:1
    ○緩和ケア 7:1
    ○回復期 13:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(570件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら