文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 大阪府済生会富田林病院 > 渡部汐音

先輩ナース特集

Profile

氏名
渡部汐音(ワタナベシオネ)
病院名
大阪府済生会富田林病院
所属診療科目
整形外科・消化器内科・耳鼻科病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
奈良文化高等学校衛生看護専攻科
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

学生時代の病院実習でお世話になり、指導者の方々に親身になって指導していただいたこと、ペアで日々の看護を行うPNS方式や「持てる力をひきだす」KOMI理論が良いと思ったこと、病棟の雰囲気が良かったことから当院で働きたいと思いました。
また、当院は教育体制がしっかりしており、1年目には「看護の振り返り日記」や「技術チェックリスト」を用いて、1日の看護の振り返りや新しい技術の習得を行うことができます。看護の振り返り日記を行うことで、慣れない業務のなかでも毎日の自分自身の看護の振り返りができ、少しずつでも前進していることが感じられると思い、入職したいと思いました。

病院選びで重視した点

私が、病院を選ぶ要件として大事だと思うことは、病棟の雰囲気や看護師間のコミュニケーションです。雰囲気が良いことと、看護師間のコミュニケーションが円滑に図れていることで、先輩看護師に相談なども行いやすく、わからないことはその都度聞くことができます。
当院は、PNS方式であり、卒後1年間は2人のパートナーの先輩に丁寧に指導をしてもらいながら、学ぶことができます。また、パートナーの先輩には、業務や課題以外に、生活や体調面での相談にも乗ってもらうことができ、悩みを溜め込むことなく日々を過ごすことができました。これらのことから、看護師間のコミュニケーションが特に大切であると思いました。

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職時は整形外科、消化器内科の病棟であったため疾患や治療、検査、手術、看護など覚える内容が多く、慣れない環境ということもあり、仕事が終わって帰宅してから机に向かうことが難しいときもありました。先輩看護師から、勉強方法や効率的に取り掛かる方法を教えてもらい、1年を過ごすことができました。
嬉しかったことは、まだまだできることが少なく時間が掛かってしまうなかで、ケアが終わった後の患者さんからの「ありがとう。気持ち良かった」などの言葉が、頑張っていこうと励みになりました。

新人研修内容の特長

当院の看護教育は、総合看護能力の基本的な項目が5年間で身に付くようにプログラムされています。卒後1年間は実地指導者が中心となり、チーム全体で支援が行われます。PNSのため、パートナーの先輩と行動し、わからないことはすぐに指導をもらうことができます。
研修も充実しており、勤務時間内でKOMI理論、PNS、接遇についてなど、さまざまな内容の研修を受講することができます。また、ローテーション研修では、他病棟や外来、手術室、訪問看護、透析、地域医療連携室などで普段経験できないことを学べるため、新たな知識や技術を習得することができます。研修ばかりではなく、ランチョンセミナーという新人看護師が集まって昼食を食べる機会も設けられています。他部署の新人看護師と話す機会にもなり、悩みを共有しあうことができます。

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人恩賜財団済生会 大阪府済生会富田林病院

〒584-0082 大阪府 富田林市向陽台1-3-36

  • 病床数/300床
  • 診療科目/内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、救急診療科、内視鏡室、リハビリテーション科,病理診断科
  • 看護方式/固定チームナーシング
    PNS(パートナーシップナーシングシステム)
  • 看護配置/7:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(560件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら