文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 愛仁会リハビリテーション病院 > 高橋奈央

先輩ナース特集

Profile

氏名
高橋奈央(タカハシナオ)
病院名
愛仁会リハビリテーション病院
所属診療科目
リハビリ病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
奈良学園大学
卒業年
2020年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

病院説明会に参加させていただいたときに知ることができた「教育体制の充実」という点に惹かれて、高校卒業のときに看護師になることを決め、看護大学に入学しました。
看護大学時代にさまざまな実習先に行きました。そのなかでも、リハビリテーション病院に行ったことがとても印象に残っています。リハビリ病院ではリハビリのない時間に処置や、バイタルサイン測定に行きます。その場面などを見て、実習に行っていたときはリハビリと看護を別のものと考えていましたが、実習するうちに、リハビリと看護は密接に関わっていることを知りました。セラピストは、限られた時間のなかで患者さんの能力を伸ばし、日常生活で看護師が持てる力を伸ばしていることに気づいたときにリハビリ看護の深さを知りました。看護師が関わるケア一つひとつが患者さんにとってのリハビリになっていることに気付きました。実習のなかでリハビリ看護について興味を持ち、リハビリテーション病院への入職を決めました。

病院選びで重視した点

病院選びで重視した点は、病院の雰囲気です。私は大学3回生のときにインターンに行きました。インターンでは、実際に病棟での仕事の様子や雰囲気を体感し、スタッフの患者さんへの対応や、スタッフ同士の会話をしている様子を見ました。看護師もセラピストも、どのスタッフも患者さんに丁寧に対応しており、笑顔が多いと感じました。また、患者さんに何かあったときも、スタッフ同士で大きな声を出したりせず冷静に対応している先輩看護師の姿がとてもかっこいいと思いました。
スタッフ同士のコミュニケーションはとても大切だと思っていたので、報告するべきことを報告し合える環境で働きたいと思っていました。また、病院も綺麗で掃除が行き届いていて、行きたいと思える病院でした。
病院選びで大事にしたかったことは「雰囲気が良い」ところだったので、この病院は私に合っていると感じました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

【最終学年前年】
■8月
学校で就職合同説明会

■9月
学校の先輩による、就活についての説明会

■10月
就活サイトの合同説明会に参加

■1月
病院のインターンに参加

■2月
学校の就活支援センターで小論文と面接練習

■3月
病院に願書提出

【最終学年】
■4月
採用試験

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

看護師1年目のときは、右も左もわからず、全ての行動に緊張していました。先輩や患者さんと話すこと一つひとつにも緊張しました。しかし、先輩はとても優しく接してくださり、わからないところも丁寧に説明してくれたおかげで、休まず出勤することができました。
疾患の勉強ももちろんですが、電子カルテの操作一つでも丁寧に教えてくれました。できないことが、できるようになったときには褒めてくれたり、自分の考えを聞いてくれたり、自分のことを考えてくれていることがとても嬉しかったです。悩んでいることがあれば、先輩から「悩んでることある?」と聞いてくれるので、その都度悩みを解消できてよかったです。
1年目の後半で重症患者さんを受け持ったときも、看護計画やアセスメントなど、自分に足りていないところをしっかりサポートしてくれるので、安心感がありました。
私は、時間通りに計画が進まず、必要なケアを忘れてしまうときがあり、優先順位を決めて行動することが苦手で苦労しました。そんなときも、先輩は「なぜ、できていないのか」「どうやったらできるようになるのか」を責めるのではなく、一緒に考えてくださったことがとても嬉しかったです。自分のことを一緒に考えてくれていると感じ、1人で看護しているのではないということを実感しました。
また、1年目のときは研修が多く、同期と会う機会が多かったです。悩みを共有できる同期と話す機会はとても貴重でした。うまくいかないことがあって落ち込んでいるときも、同期と話すことでストレス発散ができていました。
自分が悩んでいることは同期も悩んでいることでもあるので、悩みを話し合うことで乗り越えることができたと思っています。この病院では、人に恵まれたと感じることが多いです。やること全てが初めてのことばかりで緊張や恐怖もありましたが、それ以上に、この病院で良かったと思えることが嬉しかったです。

新人研修内容の特長

8月にアクティブ研修がありました。アクティブ研修は、回復期リハビリテーション病棟では実施する機会が少ない看護技術を学ぶための研修でした。実施する機会はあっても回復期ではなかなか当たらない技術も、アクティブ研修で実施することで、自分の病棟に帰ったときに活かすことができました。
また、その病棟ならではの疾患や、看護技術も体験することができたため、とても勉強になりました。自分の経験を活かすことのできる研修だったと感じました。
さらに、9月ごろにリフレッシュ研修がありました。教育担当の先輩方が企画してくださり、新人看護師がリフレッシュできるような内容でした。コロナの影響で当初予定していたバーベキューもできなくなり、研修もリモートになるなど大変ななか、同期と悩みについて話す機会を作ってくれたり、ヨガをしてリフレッシュできるような研修があり、今まではなかなか悩みを話せなかった同期と話すことでストレス発散になり、これからも頑張ろうと思える研修で、仕事をするうえでとてもいい時間だったと感じました。
1年間の最後には、自分の受け持ち患者さんについての症例発表がありました。作成には時間もかかり、大変でしたが、自分のしてきた看護を振り返ることができ、2年目になる前に今後どうして行きたいか、何を大切にしていきたいかを考えるきっかけになりました。
1年間の研修のおかげで、今も仕事ができていると思っています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
オリエンテーション
先輩のシャドウイング

■5月
少しずつ受け持ち患者の人数が増える

■6月
日勤自立

■7月
アクティブ研修に向けての準備
採血、ルート確保の練習

■8月
アクティブ研修
入院受け開始

■9月
遅出開始
主担当で患者を受け持つ

■10月
夜勤でシャドウイング

■11月
重症患者を受け持つ
夜勤自立

■2月
まとめの会に向けての準備

■3月
まとめの会

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

社会医療法人愛仁会 千船病院・高槻病院・愛仁会リハビリテーション病院・尼崎だいもつ病院・明石医療センター・井上病院

〒555-0001 大阪府 大阪市西淀川区佃2-2-46

  • 病床数/1741床
  • 診療科目/内科、精神科、神経科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
    ※詳細はWEBサイトにて
  • 看護方式/受け持ち方式・固定式ナーシング(実施指導者を配置)

    千船病院292床、高槻病院477床、明石医療センター19科382床愛仁会リハビリテーション病院264床(回復期リハビリテーション病床 13:1、7科 210床、障がい者病床 10:1、54床)尼崎だいもつ病院9科 199床、井上病院15科 127床
  • 看護配置/千船病院・高槻病院 7:1
    愛仁会リハビリテーション病院 15:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(353件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら