文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 小豆沢病院 > K・Y

先輩ナース特集

Profile

氏名
K・Y
病院名
小豆沢病院
所属診療科目
回復期リハビリテーション病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
東京都立板橋看護専門学校
卒業年
2020年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

さまざまな年齢の方が働いており、勤続年数の長い方が多かったこと。中でも子育て中の方が多く、職員の生活に合わせて勤務できる職場だと感じたため。私は地域医療や家族看護に興味があったので、病院だけでなく診療所や訪問看護もあるところに、魅力を感じました。インターンシップでは訪問看護ステーションで体験でき、介護や福祉部門、また行政などと連携し地域生活を支えていることを知り、このような関わり方をしたいと思いました。

病院選びで重視した点

私は社会人入試で看護学校に入学したため、社会人経験のある方が入職しているか、また続けられているかを注目しました。そして何より、当院の学生担当の方が国家試験に向けて勉強会を定期的に開いてくださりフォローしてもらったことが最終的に決め手となりました。ここでの学びはとても力になりました。家族以外にこんなに応援して下さる人がいることが心の支えとなり、国家試験を乗り越えることができました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前々年]
■8月
 複数の説明会に参加資料集めとインターンシップ参加


[最終学年の前年]
■8月
 複数の説明会に参加
 小豆沢病院に出会う


[最終学年]
■4月
 採用試験

■5月~
 奨学生となり、5月から卒業まで定期的な学習会に参加

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

当院は訪問看護ステーションや診療所が複数あり、研修で診療所を体験できます。3年目以降では訪問看護研修も予定されています。診療所では、地域で療養生活をされる方々の自宅に医師と一緒に訪問します。現在回復期リハビリテーション病棟で働いているため、退院後の生活を知ることができ、とても勉強になりました。緩和ケア認定看護師による緩和ケアやエンゼルケア研修があり、死生観の違いを受け入れる大切さやエンゼルケアの実践を学ぶことができます。また法人内の介護支援専門員より他部署との連携、社会資源の違いや導入方法などを学べます。さまざまな方からの講義を通して、退院後の地域生活を踏まえた看護の視点や関わり方を学べるため、とても有意義です。

新人研修内容の特長

研修や現場指導の中で、退院後の生活や介護者となる家族、また社会保障制度を学ぶことができ、退院調整を行う上でとても役立ちます。疾患に関わらず、その方の生活してきた歴史を知ることが、関わる上で大切だと実感しています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 他職種合同の法人研修(1週間)
 看護技術や医療安全研修
 ★3週目から配属先へ

■5月
 メンタルサポート研修@
 ★プリセプターについてシャドーイング中心に部屋持ち

■6月
 ★リーダーフォロー部屋持ち

■7月
 メンタルサポート研修A
 緩和ケア研修
 3ヶ月のまとめ

■8月
 ★土日勤務開始

■9月
 メンタルサポート研修B

■10月
 多重課題研修
 ★東京民医連合同研修(2021はオンライン)

■11月
 メンタルサポート研修C
 エンゼルケア研修
 多重課題研修@
 6ヶ月のまとめ
 ★診療所研修(1週間)
 ★夜勤シャドーイング(個別に進行状況を見て開始)

■2月
 メンタルサポート研修D

■3月
 メンバーシップ研修
 1年目のまとめ
 プライマリーケースレポートの発表(患者を丸ごと看る視点を深める)

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人財団健康文化会 小豆沢病院

〒174-8502 東京都 板橋区小豆沢1-6-8

  • 病床数/134床
  • 診療科目/内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 神経内科 眼科
  • 看護方式/チームナーシング(一部プライマリーナーシング導入)
  • 看護配置/一般病棟10対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(361件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら