文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立市民病院 > E

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立市民病院
所属診療科目
小児科
役職・資格
看護師
卒業学校
横浜創英大学
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

夏休みを利用して友人といろんな病院のインターシップ、病院見学に行きました。その中で自分が働くうえでで譲れない条件を決めました。私が譲れない条件は横浜市内であること、自宅から近いところ、職場の雰囲気が良いことでした。横浜市立市民病院は数多くの病院の中で、見学時に先輩と後輩のコミュニケーションが密でアットホームな感じがしました。職場の雰囲気がとても良く、この環境下で働いて行きたいと思い入職を決めました。

病院選びで重視した点

職場の雰囲気が自分に合っているかが大事だと思います。また、自宅から職場まで通勤時間も大切だと考えました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
 インターシップに参加
 就職サイトの就職説明会に参加

【最終学年】
■4月
 就職説明会に参加

■7月
 採用面接
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

実習と現場との違いが大きく、自身の経験のなさを強く感じました。また小児科は入退院が激しく、業務や課題に追われることが多く、苦労しました。そのよう中でも、患児のご家族からお礼を言われたり、入院時にぐったりしていた患児がものすごく元気になって退院する姿を見るととてもうれしく、仕事の励みになっていました。

新人研修内容の特長

当院では、部署全体で新人を育てようと関わってくれて、先輩全員が新人の情報を共有しています。また、病棟で小児科特有の病気についての勉強会があり、受け持ちをしたときに観察ポイントがわかりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 1〜2人で患者受け持ち開始。

■5月
 土日勤務開始
 受け持ち患者数5人に増える

■6月
 夜勤シャドーイング(1回)

■7月
 夜勤ダブルで開始(2回)
 日勤独り立ちを目指す

■8月
 夜勤独り立ち

■10月
 PNSの一員として始まる

■2月
 小児救急(BLS)研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立市民病院

〒240-8555 神奈川県 横浜市保土ケ谷区岡沢町56

  • 病床数/650床
  • 診療科目/腎臓内科・糖尿病リウマチ内科・血液内科・腫瘍内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・消化器外科・炎症性腸疾患(IBD)科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・救急脳神経外科・脳血管内治療科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・神経精神科・リハビリテーション科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・歯科口腔外科・感染症内科・病理診断科・緩和ケア内科:全33科
  • 看護方式/PNS(Partnership Nursung System)
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・NICU:3対1
    ・GCU:6対1
    ・ICU/CCU:2対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(571件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら