文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 四国がんセンター > H・S

先輩ナース特集

Profile

氏名
H・S
病院名
四国がんセンター
所属診療科目
地域包括ケア病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
愛媛医療センター附属看護学校
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

当院は看護学生のときに実習をした病院でした。実習で終末期にある患者さんを受け持ちましたが、がん末期であり倦怠感や呼吸困難感が強く会話するのもままならない状態でした。患者さんや家族とどのように関わればよいのか、どのような看護が必要であるかわからず、自分の足が徐々に患者さんの病室から遠ざかっているようにも感じていました。指導のもとで痛みの強い際にマッサージ、タッチングをさせていただくことができ、最後に患者さんから「ありがとう。頑張ってね」と言葉を掛けてもらい、がんと生きる患者さんとご家族を支える看護についてより深く学びたいと思い、当院への入職を決めました。

病院選びで重視した点

入職を決めた理由と少し重複しますが、私の実習の経験を経て、がんとともに生きる患者さんと家族を支える看護について学びたいと考えるようになりました。今は2人に1人ががんになる時代であり、死因の第1位を占めることも踏まえ、がんと診断されて死を意識したとき、残された時間を患者さんや家族がその人たちらしく過ごすことができるよう支える看護を学んでいきたいと思い、がんに特化した当院を選びました。
自分が学びたいと思う看護を学ぶことができるかどうかと、それを踏まえた教育体制であるかどうかが病院を選ぶ際には大切であると思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
学校で開催されたNHOの説明会に参加
インターンシップに参加

【最終学年】
■7月
採用試験

■8月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

学生の頃よりも責任は重くなり、日々の勉強が追いつかず今でも知識不足や技術の未熟さを痛感する毎日です。自分が1年目でも患者さんやご家族にとっては看護師であるため、今後も経験できることは経験させてもらえるよう積極的に声を掛け、先輩看護師から学んでいきたいです。
1年目で最も嬉しかったことは、夜勤が始まって日勤帯で手術を受けた患者さんを連続して深夜帯でも担当したときに、術後という不安定な状態の患者さんを通して担当するのは初めてであり、不安と緊張が強かったですが、リーダー看護師と一緒に患者さんに声を掛けながら看護しました。翌朝に「夜のことはあまりはっきりとは覚えていませんが、あの優しい手は○○さんだと思いました」と声を掛けてもらい、そう声を掛けてくれた患者さんに恥じない看護師になれるように頑張っていきたいと思いました。

新人研修内容の特長

入職してすぐに一社会人、看護師としての基盤を築き上げるための研修から始まり、段階を追って技術研修や多重課題、KYTトレーニングなど応用力を養うための研修を重ねることで実際の病棟勤務の中で活かすことができると感じました。
また、研修のなかで新人同士でディスカッションや振り返りを行うことで、それぞれが日々の看護のなかで培ったことを共有し、新たな視点を持つことができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
新採用者集合研修
(看護師としての心得と教育、勤務時間管理、電子カルテ入門、医療安全、看護倫理、固定チームナーシング、がん看護、感染看護、フィジカルアセスメント、技術研修)

■5月
フィジカルアセスメントU研修―患者の状態の変化を把握する―(転倒・転落)

■6月
夜勤前研修

■7月
多重課題看護場面トレーニング(3ヶ月目研修)

■10月
危険予知(6ヶ月目研修)

■1月
1年目研修―がんばれた自分―(看護観)

検索

病院所在地 卒業年    

独立行政法人 国立病院機構 中国四国グループ

〒739-0041 広島県 東広島市西条町寺家513

  • 病床数/9400床
  • 診療科目/病院により異なります。
    各病院のページをご参照下さい。
  • 看護方式/病院により異なります。
    各病院のページをご参照下さい。
  • 看護配置/病院により異なります。
    各病院のページをご参照下さい。

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(569件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら