文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 東京蒲田病院 > T・W

先輩ナース特集

Profile

氏名
T・W
病院名
東京蒲田病院
所属診療科目
内科・整形外科・泌尿器科
役職・資格
看護師
卒業学校
佐久大学
卒業年
2021年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

新型コロナウィルスの蔓延もあり、病院説明会がWEB上でカメラを使用し行われていました。その際に説明をして下さった先輩方がとても楽しそうにしていたことが画面越しに伝わり、とても雰囲気の良い職場であると言う考えを持ちました。実際に病院訪問した際も、病院の職員の方々が気さくに話しかけて下さることがあり、更に病院全体の雰囲気が良い事を知り、入職を決めようと思いました。

病院選びで重視した点

病院、病棟などの雰囲気、働き易さなどを一番としました。続いて新人研修やその他各種研修の充実度などにも目を向けました。そして最後に立地や交通の便の良さなどや寮の有無などの福利厚生を重視し病院選びを行いました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前年]
■7月
 病院を探す

■8〜10月
 説明会
 インターンシップ

■1月
 自分の長所・短所など自己アピールを考える

■2月
 試験対策として面接や小論文を練習

■3月
 学校側と試験対策


[最終学年]
■4〜9月
 学校側と試験対策

■5月〜9月
 採用試験参加

■10月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは、今まで教科書や授業の中での話であったり、そこで学んだ知識や技術でしたが、それらの事を実際の患者さんの前で看護という形で提供していくことの難しさであったり、膨大な量の覚えなければならないこと、新人および社会人として毎日仕事することの大変さには今でも苦労しています。
嬉しかったことや良かったことは、やはり患者さんから「ありがとう」などの何気ない感謝の言葉をいただくと大変嬉しく感じ、やりがいのある仕事であると改めて実感する。そして何より自分が学生時代に学んでいたことは少なからず自分の頭の中に入っており、そのことを改めて教科書で読み返したり、臨床の場で耳にして分からないことは自分で調べることなどをすることにより自分の学習が広がっていると少しでも感じているため1年目に苦労して良かったと考える。
最後に自分は周りの同期との出来の良さを気にしてしまい、自分はダメな奴だと思っていたがある人から「長い目で見たときに1年目の苦労も良いものだったと思えるから」と教えて頂き、自分のペースで少しずつ頑張って行こうと思うことができたため、アドバイスを下さる人が近くにいて良かったと思っています。

新人研修内容の特長

多くの研修が役に立ったと実感していますが、その中でも特に印象強いのはルート確保の研修です。看護師として日常的に行う業務ではありますが、患者さんには侵襲的なものであるため、その目的、手技を理解し少しでも痛みや不安などを無くすためにはどうするべきかなどを自分で考えたこともありました。同期のとも練習を重ねました。今でも研修で指導していただいたことは意識することができていると感じているため大変役に立ったと考えています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新人研修
 ローテーション研修

■6月
 ルート確保
 看護倫理研修
 BLS
 心電図

■7月
 看護過程

■8月
 多重課題

■11月
 看護過程
 メンタルヘルス
 ナラティブ

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人社団森と海東京 東京蒲田病院

〒144-0051 東京都 大田区西蒲田7-10-1

  • 病床数/180床
  • 診療科目/内科、循環器内科、泌尿器科、整形外科、腎臓内科(人工透析センター)、消化器内科、リハビリテーション科、心臓血管外科
  • 看護方式/チームナーシング
  • 看護配置/一般 10:1 療養20:1 地域包括ケア13:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(346件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら