文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター > A

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
所属診療科目
SCU(脳卒中治療室)
役職・資格
看護師、保健師
卒業学校
東海大学
卒業年
2016年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

学生時代の実習で担当した患者さんに脳卒中の方が多く、次第に脳神経系の疾患や、そのためのリハビリテーション看護に強く興味を持つようになりました。せっかくやりたい分野を決めたのなら専門の病院でより知識や技術を身に着けつつ、急性期から回復期を経験できる病院をと思い、合同説明会・病院見学会を経て、ここで働いて知識・技術を学び看護師としてのスキルを深めていきたいと思い、就職先を決めました。

病院選びで重視した点

「1年目から専門病院で大丈夫かな?」という不安はあり、職場選びには正直悩みました。そこで学校の先生や友達にいろいろと相談に乗ってもらいました。インターンシップなどでさまざまな病院を実際に見た上で、自分がやりたいことや大切にしたいことを考えると、「やっぱり脳卒中の看護をやりたい!」と思い、希望の病院を当院に決めました。紙面上ではわからない事もあるので、実際に見て、実際に働いている先輩方の話を聞ければ、働いてからのイメージを持ちやすいのかなと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
 病院見学

■1月
 合同就職説明会

■2月
 病院見学・インターンシップ

■3月
 合同就職説明会
 病院見学・インターンシップ


【最終学年】
■8月
 就職試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

失語や意識障害、麻痺などを抱える患者さんや家族の方にどのように関わるか、声を掛けたらいいか戸惑うことも多くありましたが、先輩に支えてもらいながら、日々関わっていくことの大切さを学びました。
14日間というSCUの短い入院期間ですが、少しずつ意識が良くなったり、離床が進んでいく場面を見ることも出来てうれしいです。また、病棟を移られてから「退院が決まりました。あなたの事すごく覚えてるよ。これからもがんばってね」とご挨拶に来てくださる方もいて、励みになりました。

新人研修内容の特長

初めて行う看護技術は、その都度先輩と一緒に行い、良かったところや改善が必要なところははっきりと教えてもらえるので勉強になりました。病棟で疾患や治療に関する勉強会を開いてもらったので、実際に患者さんを受け持つときにイメージがつきやすかったです。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用職員研修(多職種)
 新採用オリエンテーション
 疾患勉強会

■5月
 BLS研修
 疾患勉強会

■7月
 新採用職員フォローアップ研修(多職種)

■9月
 メンバーシップ研修

■10月
 看護過程の展開(ペーパーペイシェント)
 疾患勉強会

■11月
 医療安全研修

■12月
 疾患勉強会

■2月
 受持ち患者での事例展開

■3月
 院内リフレッシュ研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1

  • 病床数/300床
  • 診療科目/神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、泌尿器科、循環器内科
  • 看護方式/固定チームナーシング継続受け持ち方式
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(676件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら