文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター > C

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
所属診療科目
脊椎脊髄外科病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
神奈川県立衛生看護専門学校
卒業年
2016年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

もともと私がこの病院を知ったきっかけは臨床実習でした。実習先の回復期リハビリテーション病棟では、急性期を過ぎ、退院に向けリハビリテーションが必要な患者さんが入院しています。特に当院では脳卒中や脊髄疾患の患者さんが多く、麻痺が残ってしまう場合が多々あります。そのようななかでも、患者さんが少しでも自分らしさを見つけ、退院できるようにと看護師が日々看護を提供している姿を見て、私もこの病院の医療者の一員として働きたいと強く思いました。また、急性期〜回復期までを一貫して一つの病院でみることができるところにも魅力を感じ、当院に就職を決めました。

病院選びで重視した点

先ずは自分がどんな看護を行いたいか考えることが大切だと思います。私は個別性のある看護を究めたいと思い、当院は脳卒中・脊髄疾患の専門病院ということもあり、麻痺が残ってしまう患者さんも多く、その中でいかに患者さんが自分らしさを見つけられるか、その手助けを少しでもしたいと思い、当院に就職を決めました。
それから、私は仕事とプライベート、両方充実させたかったので、福利厚生が充実している点にも注目して、就職先を決めました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■1月
 臨床実習


【最終学年】
■7〜8月
 インターンシップ

■9月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは、やはり一度に多くの患者さんを受け持たなければならない事でした。特に今働いている病棟は外科病棟なので、急性期の患者さんを受け持つ機会が多く、最初はどうしても患者さん一人で精いっぱいになってしまい、とても大変でした。
逆に嬉しかったことは、急性期を脱して、さらにリハビリをつづけるために他病棟に移られた患者さんが退院する時に、元気な姿で私の病棟に挨拶に来てくださった時はとても嬉しかったですし、やりがいを感じました。

新人研修内容の特長

基礎的な看護技術の研修は病棟に配属される前に行われるので、実際に病棟で患者さんを前にした時、緊張しすぎずに行うことができました。
また、年に数回リフレッシュ研修というものがあります。内容は1年目の同期が集まり、今自分ができていること、できていない事、不安なことなどを振り返り話し合うというものでした。この研修を通して、私はみんな同じような悩みを抱え、日々働いているということを知り、気持ちが楽になりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用職員研修(多職種)
 新採用オリエンテーション
 看護技術研修

■5月
 BLS研修

■6月
 リフレッシュ研修

■7月
 夜勤オリエンテーション
 新採用職員フォローアップ研修(多職種)

■9月
 受け持ち看護師研修

■11月
 医療安全研修

■3月
 リフレッシュ研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1

  • 病床数/300床
  • 診療科目/神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、泌尿器科、循環器内科
  • 看護方式/固定チームナーシング継続受け持ち方式
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(678件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら