文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 済生会熊本病院 > Bさん

先輩ナース特集

Profile

氏名
Bさん
病院名
済生会熊本病院
所属診療科目
救命救急HCU
役職・資格
看護師、保健師
卒業学校
熊本保健科学大学
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

私は、県外出身ですが熊本の大学に進学し、看護を学ぶ中で熊本の医療水準の高さに感銘を受けました。元々、急性期医療に興味を持っていたため、数ある病院の中でも救急医療・高度医療に特化した当院にて看護師としての知識・技術を身に付けていきたいと考えるようになりました。
実際にインターンシップに参加し、病院全体で力を入れ新人を育てていこうといった風土や充実した新人教育体制に魅力を感じました。さらに、豊富な知識と確かな看護技術を持ち、真剣に患者さんの命と向き合う先輩方の姿に触れたことで、当院は自分の思い描く「患者さんやその家族を自分の家族のように想い看護できる看護師」という看護師像を実現するための知識・技術、そして人間性を磨く環境が整っていると感じ入職を決めました。

病院選びで重視した点

自分の携わりたい看護を明確にし、その分野に関われる病院を選ぶことを大切にしました。そして、そこで看護師として成長していくための教育体制の充実や、自分に合った働きやすい職場の雰囲気であるかを、実際にさまざまな病院のインターンシップに参加し、自分の目で確かめるようにしていました。また、給与や休暇、福利厚生なども病院によって異なるため、病院を選ぶ一つの決め手としていました。
看護師として最初の病院選びは今後の看護師人生の基盤となるため、大変重要であると考えます。自分の体験を通して得ることは大きいですので、自分のなりたい看護師像を思い描きながらインターンシップや説明会に積極的に参加してみてください。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
大学主催の就職説明会に参加(卒業生の声を聞く)

■5月
就職活動の視点も持ちながら領域実習に臨む

■8月
夏休みを利用し県外のインターンシップへ参加

■9月
病院の資料集め

■3月
就職サイトの主催する合同説明会へ参加
春休みを利用し県内外の病院のインターンシップへ参加
当院のインターンシップへ参加(1回目)

(最終学年)
■4月
履歴書作成開始(大学教員に指導依頼)

■5月
当院のインターンシップへ参加(2回目)
面接対策(大学教員へ面接練習を依頼)

■6月
採用試験

■7月
就職先決定

■10月
当院の災害医療訓練の見学参加

■12月
内定者研修、先輩看護師との人事交流、制服採寸

■2月
国家試験

■3月
内定者研修

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は、新人看護師として救命救急センターに配属となり、わからないことばかりで困惑することもあります。そのたびに先輩看護師が「焦らなくていいから、今つまずいていることを一つひとつ解決していこう」と声掛けをしてくださり、前向きに看護を行うことができています。当院はPNSが導入されているため、ペアの先輩看護師の看護技術を間近に見て学んで、患者さんの病態や看護の方法などをディスカッションし、自分のアセスメントを深めることができます。
また、教育担当・実地指導者の手厚いサポートを通して、徐々にですが患者さんにとってよりよい看護を考え実践することができるようになってきました。その結果として、患者さんが急性期を乗り越え回復していく姿が見られた時には、看護師としてのやりがいを感じています。

新人研修内容の特長

当院では、それぞれの部署に教育担当者・実地指導者が配置されており、部署の特徴に合った教育プログラムが企画されています。実際に私の所属する部署の救命救急センターでは緊急度・重症度の高い患者さんが多く、急変に遭遇することも少なくありません。従って、臨床ですぐに役立つ急変時対応の研修が特徴です。
また、実地指導者とは別にE-Nurseという教育専従看護師が配置されていたり、臨床実践能力評価表という手順やポイントのまとめられた当院オリジナルの看護技術習得のためのツールがあったりと、新人看護師が安心して段階的に成長できる環境が整っています。
さらに、他部署の同期と交流できる1泊2日のリフレッシュ研修やメンター(職場での悩みや相談に応じてくれる先輩看護師)が配置されているなど精神面のサポートも充実しており、楽しく働くことができています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
新人オリエンテーション(当院の理念、基本方針、救急・災害医療、医療安全、感染、ストレスマネジメントなど)
新人技術研修(フィジカルアセスメント、心電図モニター、安楽の援助)
電子カルテ記録研修

■5月
夜勤オリエンテーション                     
患者体験(身体抑制の体験)
済生塾(医師による疾患や治療についての基本講義)
病棟勉強会(医師より疾患の基本講義)(〜3月)

■6月
1年目リフレッシュ研修(1泊2日)
済生塾(医師による疾患や治療についての基本講義)

■8月
SBAR研修
MRI研修
部署における急変時対応研修

■9月
ICLS研修(取得)
技術研修(採血、ルート確保)
人工呼吸器レクチャー(部署特有)
6ヶ月目リフレクション

■10月
シナリオ研修(多重課題)

■11月
看護観発表
倫理研修

■12月
9ヶ月目リフレクション

■3月
1年間リフレクション

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院

〒861-4193 熊本県 熊本市南区近見5丁目3番1号

  • 病床数/400床
  • 診療科目/内科、外科、消化器内科、消化器外科、整形外科、呼吸器内科、呼吸器外科、腫瘍内科、糖尿病内科、泌尿器科、腎臓内科、心臓血管外科、循環器内科、脳神経外科、神経内科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科
  • 看護方式/プライマリーナーシング
    チームナーシング
    PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
  • 看護配置/一般病棟 7対1看護体制

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(677件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら