独立行政法人大阪府立病院機構
大阪母子医療センター

大阪母子医療センター:看護師就職は文化放送ナースナビ

大阪母子医療センターは、大阪府域における周産期医療の専門基幹施設として、地域の医療機関では対応が困難な妊産婦や低出生体重児、新生児に対し、高度で専門的な医療に取り組んでいます。1991年には、小児医療部門(子ども病院)も開設。新生児期から乳幼児期まで一貫した医療を行う体制を整備しました。併設の研究所においても、母と子にかかわる疾病の原因の解明、診断、治療、予防法の開発に取り組んでいます。

お知らせ

応募希望の方はこちらからエントリーお願いします。
http://www.opho.jp/saiyou/kangoshi/briefing/
※2016年3月から予定しています!

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報
  • インターンシップ
  • 見学会
  • テーマ・特長

病院概要

郵便番号 〒594-1101
住所 大阪府 和泉市室堂町840 地図
電話番号 0725-56-1220
施設認定・第三者認定

新生児診療相互援助システム(NMCS)基幹病院
産婦人科診療相互援助システム(OGCS)基幹病院
新生児外科診療相互システム(NSCS)基幹病院

総長 倉智博久
看護部長 福寿祥子
病床数 375床
職員数(看護職員数) 777名 (524名)
平均年齢(看護職員) 34.1歳
看護方式 教育体制は、一人ひとりが専門職業人としてスキルアップできるようクリニカルラダーにもとづいた教育計画を実施。母性・小児看護の専門性を高める専門コースも設けています。
診療科目 産科、新生児科、母性内科、小児神経科、腎・代謝科、小児循環器科、消化器・内分泌科、血液・腫瘍科、発達小児科、整形外科、脳神経外科、眼科、口腔外科、泌尿器科、形成外科、心臓血管外科、耳鼻咽喉科、小児外科、放射線科、検査科、麻酔集中治療科
外来人数 680名/日平均
入院人数 297名/日平均
看護配置 7:1
理念・方針 ●周産期・小児医療の基幹施設として高度で専門的な医療を提供します。
●患者さん中心の、相互信頼の立場に立った、質の高い医療を行います。
●地域の保健医療機関と連携して、母子保健医療を推進します。
●母子に関する疾病の原因解明や、先進医療の開発研究を進めます。
病院HP http://www.mch.pref.osaka.jp/
ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(688件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・
試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

テーマ・特長

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら