独立行政法人
国立病院機構 広島西医療センター

国立病院機構 広島西医療センター:看護師就職は文化放送ナースナビ

広島西医療センターは、急性期病棟と慢性期病棟の両方を兼ね備え、広島県西部二次医療圏における中核施設として地域完結型の医療を実践しています。
その中にあって、看護の果たす役割は大きく、急性疾患を対象とする治療と看護、慢性疾患の発症や進行予防を助ける看護、障害をもつ方々が生き抜くことに寄り添い、苦しみ、喜びを共有する看護に日々やりがいを感じています。
また、現場で働きながらのスキルアップは勿論、院内外の研修会などを利用して、看護師に必要な技量の取得と人間性を高め、一人ひとりのキャリアアップをサポートしています。人間の幅が広がり将来の夢も広がる施設です。

お知らせ

2017年度は☆『 6 0 名 』☆の採用を予定しております。
まずは随時受付中のインターンシップにお越しいただいて、現場の空気を肌で感じて貰えたらと思っています。
たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています!

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報
  • インターンシップ

病院概要

郵便番号 〒739-0696
住所 広島県 大竹市玖波4丁目1-1 地図
電話番号 0827-57-7151
施設認定・第三者認定

独立行政法人国立病院機構大竹病院・原病院が現大竹病院の地で統合
健康保険法/国民健康保険法/結核予防法/生活保護法/戦傷病者特別援護法
(療養の給付)/公害健康被害補償法/児童福祉法(療養の給付)
身体障害者福祉法(更正医療)/労働者災害補償保険法
原子爆弾被害者の医療等に関する法律(一般疾病医療)

※その他、ホームページに掲載しています。

開設年月日 2005年 7月 1日
病院長名 奥谷 卓也
看護部長名 矢野 いづみ
病床数 440床
職員数(看護職員数) 640名 (363名)
平均年齢(看護職員) 34歳
看護方式 【固定チームナーシング】
固定チームナーシングとは、固定したリーダーとメンバーが一定期間チームを編成し、チームの年間目標を持って看護活動を続けていく看護方式です。
継続した受け持ち看護師が責任を持ち、個別的なケアを提供します。つまり、1人の患者に入院から退院まで受け持ち看護師が存在し、その看護師が所属するチームがその看護活動を支援するシステムです。
診療科目 内科・総合診療科・循環器科・整形外科・リハビリテーション・精神科・アレルギー科・皮膚科・放射線科・神経内科・リウマチ科・泌尿器科・歯科・呼吸器科・小児科・産婦人科・眼科・消化器科・外科・耳鼻咽喉科・腎臓内科
外来人数 384名/日平均
入院人数 415名/日平均
看護配置 一般病棟入院基本料(10:1)
障害者施設等入院基本料(7:1) 平成25年4月〜
理念・方針 【病院の基本方針】
1.連携による医療の質の向上
2.病院機能にあわせた職員の研鑽と充足
3.検診センター本格稼働
4.在宅医療支援の実践
【看護部の理念】
私たちはひとりひとりの患者を尊重し、安全な医療と適切な技術を提供します。
1.患者の思いにそった看護
2.患者のQOLを高める看護
3.専門職業人としての主体性ある看護を目指し、自己  研鑽します。
病院HP http://www.hiro-nishi-nh.jp/
ページの先頭へ
  • 国立病院機構 広島西医療センター:看護師就職は文化放送ナースナビ
    初めての点滴ですが、プリセプターが新採用者に確認行動を含め、丁寧に指導をしてくれます。
  • 国立病院機構 広島西医療センター:看護師就職は文化放送ナースナビ
    先輩看護師とカンファレンスです。患者さんの情報をみんなで共有し、看護計画を立案します。
  • 国立病院機構 広島西医療センター:看護師就職は文化放送ナースナビ
    「看護職員能力開発プログラム(Actyナース)」および、当院独自のプログラムに沿って教育を行っています。病棟の先輩はもちろん、専従の教育担当者や認定看護師などが、責任をもって教育を行っています。

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(689件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・
試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

テーマ・特長

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら