神戸百年記念病院の病院情報

医療法人社団顕鐘会神戸百年記念病院

ブックマーク

  • 神戸百年記念病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

地域に貢献する信頼される病院を目指して

当病院は、明治40年に企業病院として開設。平成18年に独立後、開院100周年を迎えた平成19年には『鐘紡記念病院』から『神戸百年記念病院』と名を改めました。100年を超える歴史の中で一貫して流れている思想は、『地域になくてはならない病院になる』ということ。看護部では豊富な知識と正確な技術を修得して、深く豊かな看護ができればと願っています。「尊い命と寄り添いながら、素敵に自分らしく生きる…」ナース服をまとった人間として、一緒にプロ意識を育みたいと考えています。

テーマ・特長

【教育・キャリアアップ】 個々のキャリアプランに応じた教育プログラム

高度な専門性を持った医療を提供するチームの一員として、一人ひとりが専門職業人としての責任と役割を自覚し患者様に信頼される質の高い看護が提供できる看護師を育成いたします。
 当院では、クリニカルラダー制度を導入しています。新人看護師から主任・師長に至るまで、ラダーレベルに応じた教育プログラムに沿って人材育成をしています。
当院看護部の特徴ともいえる基本方針「徳を備えた看護実践家としての成長に努める」においては、フォローアップ研修や倫理研修などを通して、看護実践家としての成長を図っています。
様々な教育支援体制がある中で新人看護師の育成は、令和4年度より、チーム支援型教育支援を行っています。部署内のすべての看護師が新人教育に関与していく体制です。教育担当主任や教育委員など、新人看護師の皆様を1年間かけて支えてまいります。

ページの先頭へ