看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

国立大学法人
筑波大学附属病院[茨城県]

筑波大学附属病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
当院は、筑波研究学園都市の中核を担う教育研究拠点である筑波大学の附属病院として、大学が持つ多様な「叡智」「人材」「環境」との連携し、医療・看護の質を高めるための様々な取組を行っています。
2012年からは、臨床と研究を融合させた高度な実践能力を持つ看護師を育成するため、常勤として臨床実践を重ねながら大学院で研究を行うことができる『Academic Clinical Program』をスタートさせました。制度の活用により、日々の実践での気づきを研究により解決し現場にフィードバックする、という正のスパイラルが構築されることを期待しています。
このように、当院には一人前の看護師になるための基礎を身につけるための教育だけでなく、さらなる成長を持続的に支援する体制を整備し、自ら考えて自ら行動する意欲を持つ方にとっては最適な環境です。

★お知らせ

当院は茨城県内で唯一の大学附属病院として1976 年に開院されました。以来、「研究」「教育」「臨床」を担いながら、特定機能病院として、地域における拠点病院としての重要な役割を果たしています。2013年に本格スタートした『けやき棟』は、「明日の医療・医学を創る力に」をコンセプトに掲げ、高度先進・急性期医療を推進し、さらなる前進を目指すシンボルです。

資料請求
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)

文化放送ナースナビ編集部からのお知らせ

資料請求
▲ページの先頭へ

■初めての方は、まずは会員登録(無料)