看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 A・Y
病院名 昭和大学病院
所属診療科目 脳神経外科
役職・資格 看護師
卒業学校 群馬パース大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

卒業生で入職した先輩が多く、インターンシップに参加した際に雰囲気が良かったため入職を決めました。現在働いている病棟にインターンシップで参加した際に皆さんが笑顔で迎えてくださり、患者さんに対しても優しい声掛けをしているのを見てこの病棟の一員として働きたいと思いました。
また、教育体制をインターンシップで聞き夜勤を開始する時期が他の病院と比べて、色々学んでから開始していると感じたため自分に合っていると思いました。実際に働いてみて、色々な業務を経験し自立をしてからの夜勤になるので安心して働くことができました。

病院選びで重視した点

病院選びで重視した点は一つ目は教育体制です。屋根瓦体制で実際に働いて、新人の時だけでなく何年経っても上の先輩から学べる体制ができているので働きやすいです。
二つ目は職場の雰囲気です。インターンシップのみではすべての職場の雰囲気を見ることはできませんが、私がインターンシップでみた昭和大学はどこの病棟も看護師が優しく働きやすい職場であると感じました。
また私は県外から就職しているので寮がある病院を探しました。昭和大学病院の寮は病院から近く費用も安いため県外から入職する方も安心して暮らせる環境が整っていると思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前々年]
■3月
 合同説明会参加


[最終学年の前年]
■4月
 合同説明会参加

■7〜8月
 インターンシップ


[最終学年]
■6月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

一年目は多重業務に慣れるまでに苦労しました。今でも多重業務はつらいですが、新人の頃は優先順位が分からずにパニックになる事がありました。勤務の最後に毎回先輩がフィードバックをしてくださり次に向けて学ぶことができました。勤務の回数を重ねるごとに先輩に学んだことを実践し、徐々に落ち着いて対応ができる様になってきていると思います。
嬉しかったことは患者さんに「あなたに会えてよかった」と言って頂けたことです。新人看護師の時に先輩の見守りのもと、初めて患者さんに点滴を実施させて頂いた患者さんでしたが、「よくできていたよ、がんばってね」と言って頂けてこれからも頑張ろうと思いました。

新人研修内容の特長

全体研修で学んだ技術は部署で再度先輩に教えて頂き、患者さんに1人で実施できるまでフォローして頂けるので一つひとつの技術がとても身につきます。また、昔とやり方が変わった技術は先輩方にも周知されるので皆が統一した技術を提供できるところに魅力を感じています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 オリエンテーション
 感染予防の技術
 与薬の技術(薬剤の基礎知識、インスリン製剤の種類・用法)
 血糖測定

■5月
 吸引
 静脈血採血・検体の取り扱い
 夜勤オリエンテーション

■6月
 食事摂取の援助技術(経管栄養法、栄養のアセスメント)
 メンタルヘルス
 12誘導心電図・心電図モニター・輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い方法

■7月
 尿道留置カテーテル・導尿の挿入と注意点
 救命・救急処置の技術

■8月
 末梢静脈留置針の挿入と注意点

■9月
 創傷管理技術(褥瘡の予防)
 終末期看護
 食事支援技術(栄養のアセスメント、口腔ケア)
 認知症・高齢者の看護
 メンタルヘルス

■10月
 人工呼吸器管理
 看護倫理(事例検討)

■1月
 キャリアについて(自分のキャリアについて考える)
 メンタルヘルス

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人昭和大学 昭和大学附属病院
〒142-8555 東京都 品川区旗の台1-5-8
病床数 3246床
診療科目 呼吸器・アレルギー科、リウマチ.膠原病内科、糖尿病.内分泌.代謝内科、腎臓内科、消化器内科、血液内科、循環器内科、神経内科、腫瘍内科、総合内科(ER)、感染症内科、精神.神経科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器.一般外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成.美容外科、産婦人科、眼科、小児科、耳鼻咽喉科頭頚部外科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、救急医学科、臨床検査科、病院病理科、歯科
看護方式 継続受け持ち固定ナーシング
看護配置 7対1(本院)特定機能病院
  • 学校法人昭和大学 昭和大学附属病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索