看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 K・E
病院名 日本医科大学付属病院
所属診療科目 総合診療科
役職・資格 看護師
卒業学校 埼玉県立大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

私は学生の頃から救急看護や集中治療領域の看護に興味がありました。そのため、救命救急を病院の特長の1つとしている当院で働き、最先端の高度で質の高い医療を学びたいと思ったことが入職を決めた理由の1つです。
当院は看護の理念の1つとして「ナースコールを鳴らさない看護」を挙げています。患者さんに一番近い存在である看護師として、患者さんに寄り添った看護の実践を行うことは、とても魅力的でした。次に、病院内の教育制度についてです。新人教育はもちろん、その後のスキルアップのための制度も充実しており、自分が看護師として成長していくための環境がそろっていることでした。
実際にインターシップに参加した際に、患者との関係性だけでなく他の医療者とも連携を図り、患者のために医療を提供している場面を目の前にし、この病院で働きたいと実感し入職を決めました。

病院選びで重視した点

自分がなりたい看護師像を想像した際に、この病院で実現できるかということが病院を選ぶ基準として一番重要であると考えます。自分が携わりたい分野や専門領域に特化されている病院を選択した方が、入職後もやりがいや達成感を感じ、仕事をしていけると思います。目標を実現していくためには、教育制度やサポート体制も重要です。
私は将来的に専門看護師や認定看護師、また臨床指導者の資格を取得したいと考えています。そのためそれらのサポート体制についても確認しました。最後に職場の雰囲気です。入職時は不安だらけの日々でした。知識や技術だけでなく、メンタルの面でも支えてくれる先輩達の存在・目標とする先輩の存在は、安心・安全な看護の提供につながるだけでなく、自身の看護師としての成長にもつながります。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
 就職サイトが主催する合同説明会へ参加

【最終学年】
■4月
 気になる病院の資料請求を実施

■7月
 各病院のインターシップへ参加

■8月
 採用試験

■9月
 内定

■11月
 勤務病院の決定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は今、総合診療科の病棟で働いています。1年目の頃は、まず仕事に慣れることにとても苦労しました。私の病棟は、緊急入院で入ってくる患者さんが殆どのため、様々な診療科の患者さんが入院します。疾患や治療についての知識をつけることはもちろん、急性期から慢性期までさまざまな病期の患者さんへの看護について悩むこともたくさんありました。病気の受容ができる患者さんや家族ばかりではありません。日々の関わりの中で、患者さんから感謝されることが、一番嬉しく、やりがいにつながりました。また先輩方から指導を受け振り返りを行った際に、できるようになったことをフィードバックしてもらえることはとても嬉しかったです。

新人研修内容の特長

当院の新人研修は、必ず病棟業務から離れて研修を行います。病棟で行う技術はもちろん、救急看護やがん看護など専門的な分野での研修もありました。その際、認定看護師や専門看護師の方からの講義を受け、日々の業務の中で疑問に思っていることについても質問できる良い機会となりました。また、日々慣れない業務に苦労し疲れている中、病棟から離れ久しぶりに同期とそろって、半日・1日と研修を行う日はリフレッシュにもなりました。そうして次の日からまた患者さんと向き合い、看護を実践していくことができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 集合研修:医療安全、感染管理、看護記録(電子カルテ)、インシュリンの取り扱い、
      ME機器の取り扱い(輸液・輸注ポンプ、パルスオキシメータ―、AEDなど)

■5月
 夜勤オリエンテーション
 夜勤シャドウイング開始
 集合研修:褥瘡・栄養管理、接遇、危険予知トレーニング

■6月
 集合研修:フォローアップ・フィジカルアセスメント(観察・測定)

■7月
 集合研修:救急看護(院内急変対応)

■10月
 集合研修:対象理解とコミュニケーション

■11月
 受け持ち看護と看護過程

■12月
 がん看護 基礎T

■2月
 新人看護師・指導者評価交流会

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人日本医科大学 日本医科大学 4病院
〒113-8602 東京都 文京区千駄木1-1-5
病床数 2228床
診療科目
看護方式 モジュラー型受け持ち看護方式
看護配置 7:1
  • 学校法人日本医科大学 日本医科大学 4病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索