看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 若原有規(ワカハラユウキ)
病院名 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
所属診療科目 救命救急センター
役職・資格 看護師
卒業学校 横浜市医師会保土ヶ谷看護専門学校
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

当院は、大学病院付属の三次救急であるため、一刻を争う重症患者が搬送されてきます。そのため、患者の"いのち”を救うための知識やスキルを学ぶことが必須とされます。心肺停止または呼吸停止に対する一時的救急処置BLSや二次救急処置ACLSの資格習得や、多職種連携によるチーム医療では患者や家族にとっての最善を選択できるようサポートしていることや、常に最新医療について学び、新たな視点で看護に役立てることができると感じたからです。

病院選びで重視した点

私は、この西部病院の救命救急センターで実習経験がありました。救命救急センターには、沢山の重症患者が入院しており、看護する側も大変だろうと思っていました。しかし、そこではチームワークを重視しながらスタッフだけでなく患者にも声をかけ助け合けながら、処置対応している姿に感動しました。また、専門性の高い知識や技術を身に付け看護師として広い視野をもち、どんな患者が搬送されても対応できる看護師になりたいと思い、当院に就職を志望しました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年]
■4月
 学内合同説明会

■8月
 インターシップ

■10月
 採用試験

■12月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

1年目の時は、さまざまな疾患をもつ患者がいることから圧倒的に自分の知識不足しを感じ、疾患の病態を理解することが一番大変でした。また、救命救急センターに入院する患者の多くは、病状の変化が著しく、治療や検査が突然に入るなどにより、自分が行動する上で優先順位に悩みました。そんな中、ここまで働き続けられたのは、いつでも声をかけやすい環境をつくってくれたチューターの先輩や現場でフォローしてくれた先輩看護師、仕事中やプライベートも支えてくれた同期の存在はとても大きかったです。

新人研修内容の特長

当院は、大学付属ということもあり非常に教育体制が整っています。看護部組織では、キャリアファイルを用い年間で経年別研修が計画されています。また部署では、各患者の病態整理や看護技術のレクチャーを受け、画像やデータを合わせながら看護に役立てることができます。治療の倫理的場面においてもカンファレンスやリフレクションをすることで、実践してきた看護が意味づけられ、自信がつき看護に対してやりがい感を持てたことを覚えています。同期入職の仲間も多く、自分が学んだことを互いに共有し合いながら、看護実践力を身に付けられたことも凄く良かったと思っています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 オリエンテーション

■5月
 新卒者ME研修
 輸血・薬剤投与・血糖測定・酸素投与方法(部署)

■6月
 3ヶ月フォローアップ研修

■7月
 BLS

■8月
 体位ドレナージの学習(部署)

■9月
 急変対応研修(部署)

■10月
 6ヶ月フォローアップ研修・静脈注射レベル2研修

■11月
 臨床判断T研修

■12月
 患者確認行為の演習(部署)

■1月
 10ヶ月フォローアップ研修・事例をまとめる

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人聖マリアンナ医科大学 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
〒241-0811 神奈川県 横浜市旭区矢指町1197-1
病床数 420床
診療科目 血液内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、消化器・肝臓内科、循環器内科、呼吸器内科、代謝・内分泌内科、総合診療内科、脳神経内科、神経精神科、小児科、消化器・一般外科、心臓血管外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、病理診断科
看護方式 固定チームナーシング
看護配置 急性期一般入院料1(7対1)
  • 学校法人聖マリアンナ医科大学 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索