看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 吉次成弥(ヨシツグセイヤ)
病院名 がん研究会有明病院
所属診療科目 消化器内科
役職・資格 看護師
卒業学校 福山平成大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

もともと私は就職活動する際、東京に就職すること、がん専門病院へ就職することは全く考えていませんでした。しかし、地元の新聞で当院の医療体制に関する記事を見つけ、読んでいくうちに興味がわいてきました。がん専門病院として全国的にも有名であるこの病院で、看護師としての基本的な姿勢はもちろんのこと、がん看護に対する知識や技術を深めていきたいという思いが強くなりました。
当初、東京で働くということにも不安がありましたが、当院は100年以上歴史のある病院です。そのような歴史ある病院で働けるのは今しかないと思い、入職することを決めました。

病院選びで重視した点

私が病院を選ぶ際に大事にしていた点は、その病院の雰囲気と教育体制です。雰囲気は実際にインターンシップや見学会に行かなければわからないことなので、実習期間中ではありましたが、できるだけ興味を持った病院には足を運ぶようにしました。
また、教育体制に関しては病院によって様々で異なるため、気になった病院の資料請求を行い、調べていました。
他にも先輩たちの声を聞き、それぞれの病院がどのような教育体制を行っており、特に1年目に関してはどのような教育をしているのかというところを大事にしていました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■11〜12月
説明会に参加
就職サイトが主催する合同説明会に参加

■3月
 説明会に参加
 就職サイトが主催する合同説明会に参加

【最終学年】
■4〜6月
 資料請求
 見学会へ参加

■7月
 採用試験

■8月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

これまで半年ほど働き、苦労したことは1日のスケジュール管理です。日々患者さんによって実施すべき指導などは変わってきます。そうした中で、患者さんの優先順位を考えながらどのように回れば効率よくケアや指導ができ、スムーズに業務を行うことができるかという、1日のスケジュール管理に苦労しました。
その反面、嬉しかったことも多くありました。受け持ちの患者さんへ、退院後の経管栄養の管理指導を実施し、退院される際に「わかりやすかったよ、ありがとう」「頑張ってね」という言葉をいただいた時には、看護師としての魅力や楽しさを感じました。

新人研修内容の特長

当院はクリニカルラダー制度を取っており、自分のレベルに合わせて研修が組み込まれています。1年目の月ごとの研修では、看護技術だけでなく不安に思っていることや患者さんとの関わりなどの意見交換をする機会があります。また、習得した看護技術は病棟の教育委員やプリセプターから先輩看護師にも周知されます。そのため、病棟全体で新人看護師ができること、できないことを共有してくれているので、習得した看護技術を積極的に実施させてもらい、経験を積みやすい環境であるということも特長の一つです。

1年間の新人研修スケジュール

■4月 
 ☆入職☆
 スタートレベル研修5日間技術演習コース:点滴、採血、皮下注射、血糖測定、輸液ポンプの取り扱い、血液培養

■5月
 スタートレベル研修@:フィジカルアセスメントやインシデント、アクシデントに対する考え方を習得する
            入職1ヶ月での自分の思いを言語化し、今後の目標を見出す

■6月
 スタートレベル研修A:記録における倫理的配慮、状況に応じた書き方を学ぶ。抗がん剤の安全な取り扱いを習得する
            自分を振り返り、課題と具体策をあげる

■7月 
 スタートレベル研修B:褥瘡予防のための技術とBLSを習得する

■9月
 スタートレベル研修C:口腔ケア、膀胱留置カテーテル挿入の技術を習得する。半年を振り返り、今後の目標を言語化、共有する

■10月
 スタートレベル研修D:静脈穿刺、静脈ポート穿刺

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

公益財団法人 がん研究会有明病院
〒135-8550 東京都 東京都江東区有明3-8-31
病床数 686床
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、乳腺内科、血液内科、腫瘍内科、感染症内科、漢方内科、疼痛緩和内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、頭頸部外科、精神科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、救急科、歯科、麻酔科
看護方式 固定チーム継続受け持ち制
看護配置 7:1看護体制
  • 公益財団法人 がん研究会有明病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索