看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 M・U
病院名 久我山病院
所属診療科目 脳外科・消化器外科・消化器内科
役職・資格 看護師
卒業学校 東京都立青梅看護専門学校
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

杉並区、世田谷区、武蔵野市近辺の病院で働きたかったため、周辺の病院をいくつか見て回っていました。夏休みに久我山病院に病院見学・体験に訪れた際に、先輩方が忙しくも協力して働いていた様子を見て、働きやすそうな病院だと思いました。清潔で広い廊下と日当たりが良くて病棟から富士山がみえる環境も惹かれました。
200床以下の病院ですが、精神科以外のほとんどの科がそろっているところ、クリ二カルラダー制度があり、教育体制・研修がしっかり整っていることで知識や技術をしっかり学べると思いました。また年間休日が120日あり、2交代制なところも私の希望する勤務形態だったため、入職を決めました。 

病院選びで重視した点

私が病院を選ぶ要件として大事だと思うのは、一番は教育体制が整っているかどうかということです。なぜなら、最初の3年間で知識、技術を学び、看護師としての土台をつくることがとても大事だと思ったからです。そのためには自身で勉強を行うだけではなく、研修で先輩方から学ぶことはとても大切だと思いました。また、働くうえで人間関係は大切だと思ったので、実際には入職してみなければわかりませんが、気になる病院には見学に行って病棟の雰囲気をみにいくように心がけました。
最後に休みがしっかりとれること、自分が希望する勤務形態で病院を選ぶことも大切だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
 インターネットや先輩から情報収集を行う

【最終学年】
■5月
 病院の資料を取り寄せる

■6月
 病院見学

■7月
 病院見学

■8月
 採用試験

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

看護師1年目のとき苦労したことは、受け持つ患者さんの疾患や治療等調べても追いつかず、日々自分の知識不足を実感したことです。また看護技術は学生のときには経験したことのない患者さんに侵襲のある技術も沢山あり、習得するまで先輩に何度もチェックを受けながら少しずつ自身を持って看護技術を行うことができました。
一番嬉しいことは患者さん達が元気に回復して退院していくとき、日々の看護での「ありがとう」の言葉や患者さんの笑顔です。また、できなかった看護技術が徐々にできるようになり1人立ちした瞬間や、勉強を積み重ねていくなかで患者さんになぜこの治療が行われているのか、どんな看護を行えばいいのか等、病態と治療、看護が結びついたときは嬉しかったです。

新人研修内容の特長

新人研修では講義だけではなく、模擬の模型等を使用して実際に自分の手を動かして行う研修も多いため、研修で学習したことを病棟で活用する際にもイメージしやすかったです。研修時はグループをつくり話し合い、発表する機会も多くあるため受け身な研修にならずに学ぶことができました。
また当院はセコムグループの提携病院のため、他のセコムグループの病院との合同研修にも参加させてもらい、入職して4月の早い時期から他病院、他職種と接する機会があると共に、社会人としての常識やビジネスマナーを学ぶことができたことも医療職者として社会人としてとても役に立ちました。 

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 入職時の集合研修
 荻窪病院との共同研修

■5月
 IVナースT期 
 膀胱留置カテーテル

■6月
 心電図
 輸液ポンプ

■7月
 看護記録(基礎編)
 麻薬と輸血管理

■8月
 人工呼吸器&看護のポイント

■9月
 急変時の看護
 CV挿入時の看護と管理

■10月
 医療安全合同研修:危険予知トレーニング
 荻窪病院 合同研修

■11月
 挿管介助

■12月
 感染対策
 オペ室見学(挿管介助の実際)

■1月
 シュミレーション研修

■2月
 医療チームにおけるメンバーシップ
 死後の処置

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

セコム提携病院グループ(東日本)
〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前1-5-1
病床数 6002床
診療科目 各病院によって異なりますので、詳しくは以下よりご確認ください。

http://www.kangokaigo-secom.com/html/hospital_list.html
看護方式 チームナーシング+受け持ち制。
看護配置 各病院によって異なりますので、詳しくは以下よりご確認ください。

http://www.kangokaigo-secom.com/html/hospital_list.html
  • セコム提携病院グループ(東日本)
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索